京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ


2018年01月01日

新年明けましておめでとうございます



水魚乃交ファンの皆さま、新年明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりどうもありがとうございました。本年も相変わらずのご愛顧をどうかよろしくお願い致します。

新年のトップ画像は丹後町間人の港の風景です。11月から3月まではこの港から出る船が大活躍しています。京丹後市のブランド蟹
である間人蟹がこの港から全国のお客さまに届けられている。水魚乃交にぴったしと合うこのブランド蟹、是非ともお召し上がりになっていただきたいと思います。

今日は由緒正しい竹野神社へ新年のお参りをして水魚乃交と丹後米コシヒカリを奉納して参りました。そして社員全員で今年の目標を胸にしっかりとお参りを・・、勿論水魚乃交を飲みながら(笑)。すると後ろから「水魚乃交の匂いがした!」と聞き覚えのある声が・・。嫌な予感は的中・・、㈱ペニーソラ京都の安田社長でした。これは正月から縁起が悪いという言葉を水魚乃交で流し込み新年の挨拶を(笑)。
正月からアホなことを言ってばかりだと皆さんから叱られますね(大笑)。

今年は激動の年と聞いております。弊社と致しましては足元をしっかりと見つめながら新しいことに挑戦して参りたいとお誓い申しこの辺で失礼を致します。

最後に間人港から漁に出る船の勇姿と先日うちで食べた今年最後のコッペ蟹(メス蟹は1月から禁漁)をご紹介します。



皆さん、本年もどうぞよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 




  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 09:18Comments(2)岩木の自然

2017年12月31日

お客さまの声パート3



水魚乃交ファンの皆さま、。おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をお愉しみいただきどうもありがとうございます。

今日はわりやもにゃ早よ目が覚めてまった(笑)。いらんわ~(大笑)。

ところで、今年も残すところあと1日となりました。皆様はどんな1年だったでしょうか?

弊社の本業である京都丹後米コシヒカリとミルキークィーンはおかげさまで完売の勢いです。以前から独自で販路開拓をしてきましたが
ようやく実を結んだように感じています。他方水菜は台風や水害によるビニールハウスへの被害で大きな損失となり、こちらは手当てが大変でした。
水魚乃交については全国のホテルオークラ様、髙島屋京都店様、そしてオーソリティ様のご協力により順調な動きで喜んでいます。
㈱ペニーソラ京都の安田社長は、「今年はもう一段上を目指します。脇を締め一緒に営業しましょう!」と。

「おっとらしゃ!まんだ何かするだか?」

さて、本日のトップ画像は、「オークラアクトシティホテル浜松」様
https://www.act-okura.co.jp/
看板レストランになるスカイレストラン&ラウンジ「パガニーニ」
https://www.act-okura.co.jp/restaurant/paganini/
エントランスとバーコーナーです。


こちらのホテルの顧客様には酒にうるさい(叱られるわ笑)お客さまがおいでになり、失礼しました。うるさいではなくて詳しいという
表現が妥当かと思いますが、自慢の水魚乃交について素晴らしいコメントを残されている。


そのお言葉とは・・、

「バックバーに見たことのないボトルを発見。県内ではここでしか飲むことができない米焼酎であるという。こーゆーモノがあるから
一流ホテルのバーは侮れないのである。水魚乃交。京都の米焼酎で、原材料はコシヒカリ。そんなもん、旨いに決まっておろうが。
金ラベルと銀ラベルがあって、金は44%の原酒。まずは金をロックで飲んでみる。普段米焼酎を飲むことはないが、以前、鳥飼を
飲んだ時は唸った。それに勝る。鳥飼は吟醸酒のような味わいであったが、水魚乃交は米焼酎かくあるべしと云うべき焼酎の深い
香りだ。」

このお言葉を聞いた時には涙が出ました。

まるで此の友酒造さんと弊社が褒められているという錯覚でした・・。また全国で導入していただいたホテルオークラ様への恩返しが少しだけ出来たような気もしていて、本当に嬉しかったのです。私がこちらにお邪魔した時には水魚乃交を肴にこの顧客様とお話しをさせていただきたいと思います。

こちらのお言葉を思い出しまた涙が出てきましたので、この辺で失礼をして今夜は紅白歌合戦を見ながら水魚乃交原酒を下痢する
まで飲みたいと思います(笑)。それでは失礼を致します・・。

本年最後の画像は「パガニーニ」様のカウンターと浜松駅に聳え立つ「オークラアクトシティホテル浜松」様です。



水魚乃交ファンの皆さま、本年は大変お世話になりありがとうございました。また来年も引続きどうかよろしくお願い申し上げます。

    
  「皆さま、良いお年をお迎えください!」



尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 
  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 05:50Comments(0)お飲みいただいた感想

2017年12月29日

ザ・プレゼンパート3 からすま京都ホテル様



水魚乃交ファンの皆さま、こんにちわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧賜りどうもありがとうございます。
本日のトップ画像はからすま京都ホテル様http://karasuma.kyotohotel.co.jp/のメインバー「アンカー」http://karasuma.kyotohotel.co.jp/restaurant/anchor/です。こちらでは店舗入口に水魚乃交ポスターをど~んと
ディスプレーしてくれています。

さて、本日はこちらへのプレゼンについてのお話しです。
昨年の9月13日にアポを取り、先方の料飲課長様とお会いすることになりました。安田くんの根回しもあり商談はスムーズに進みます。
課長様は採用にあたりメニュー作成、ポップを作成して欲しいということになり当方も快諾を。そして販売は販促品が出来次第という
ことになり、ビジネスパートナーであるシュンビンさんに早い対応をとリクエスト。その結果10月1日からの販売となりました。そして
その間はテストマーケティングということで原酒と25度をそれぞれ数本お渡ししてホテルを後にしました。京都ホテルオークラさんほどの
緊張感はありませんでしたが、やはりそれなりに緊迫した交渉であったことをお伝えしておきます。
安田くんは「販売までに現場の皆さんへのレクチャーをしておきます」と。さすがに現場を知っている安田くんですね。ぬかりがありません。

予定通りにプレゼンが終わり、丹後へ帰ってから仲間と祝杯をあげたことをお伝えしてこの辺で失礼を致します。

皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 

  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 11:06Comments(0)ザ・プレゼン

2017年12月28日

水魚乃交誕生秘話パート11



水魚乃交ファンの皆さま、こんばんわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧賜りどうもありがとうございます。
本日のトップ画像は京都ホテルオークラグループのからすま京都
ホテル様です。http://karasuma.kyotohotel.co.jp/

今日は水魚乃交誕生秘話へとお話しを戻します。


オーソリティカレッタ汐留店様での採用が決まり喜んでいましたが、㈱ペニーソラ京都では次への展開について再確認をしていました。
再確認というのは、彼らはすでにロードマップを完成しており、またそのロードマップは数種類が用意されていた。安田社長が言うには
一昨年の9月末から3月までの半年間であらゆる角度からリサーチして、壁を想定しながらのロードマップを数種類完成させている。
安田社長は、「こちらの案件は絶対に立ち止まることは許されないのです。3月からプレゼンに2社参りましたがすでに壁を一つ越えている。立ち止まることなくどんどんと進めたのはこれまでぶち当たった壁も想定内であり、対処法を用意していたからなのです。」と
こうじゃげに(生意気に)言っていました。

そして次にお願いにあがったのはからすま京都ホテル様です。

こちらのホテル様にも昨年の8月の末から安田社長が根回しを始め
ていましたが、今回もこちらの料飲課長様へのプレゼンから始めるとのことでした。京都ホテルオークラ様でテスト販売から5ヶ月が経ち、
こちらの従業員の皆さんは水魚乃交について認知されていた。
安田社長は9月13日に料飲課長様とアポを取りプレゼンを行うことになりました。この日も私のスケジュール等関係ないとばかりに
勝手に相手方とお約束をしていた。安田社長は相も変わらず
身体は細いですが・・、「ふてぇやろう」です(笑)。


それでは本日もちょうど良い文章の長さとなりましたので、この辺で失礼を致します。

水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 22:54Comments(0)水魚乃交ストーリー

2017年12月26日

お客さまの声パート2



水魚乃交ファンの皆さま、こんにちわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。今年も残すことあと少し・・・、皆さんにおかれましてはどのような一年だったでしょうか。
小生は毎日が恐ろしいほどに早く過ぎてしまい時間が欲しいと水魚乃交を飲みながら呟いた1年でした。

さて、昨日の投稿についてあまりにも大きな反響がございましたので、本日もお客さまの声をお届けしたいと思いますがええだか?

トップ画像は京都ホテルオークラの
http://okura.kyotohotel.co.jp/
メインバー「チッペンデール」
http://okura.kyotohotel.co.jp/restaurant/chippendale/で水魚乃交を愉しまれた30代女性のものです。こちらのお客さまもSNSで投稿されていたのですがブログでこの画像を使用することや文章のご紹介については当然ながら許可を得ています。


『先週~会社のメンバーとちょっぴりお酒を飲みに京都ホテルオークラさんへ。何を飲もうか~と・・・偶然にも京丹後の焼酎「水魚乃交」を発見。初めて目にする米焼酎。早速ロックとカクテルでいただきました。めちゃめちゃ美味しい。はまりそうです(笑)。
機会があれば皆さん~、是非!!』

またまた嬉しいコメントです。お嬢様、どうもありがとうございます!


前回の文章の量と今回とをたして2で割ってください。ちょうど良い長さとなります・・。よってまことに勝手ながら、大変恐縮しておりますが本日はこの辺で失礼を致します。

皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 




。  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 09:12Comments(2)お飲みいただいた感想

2017年12月25日

お客さまの声パート1



水魚乃交ファンの皆さま、「Merry Xmas!」。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

今日は水魚乃交をお飲みになったお客様からの声をお届けしたいと思います。そのお客さまは名古屋の方で、彼の発信するSNSから
のものと分かりました。彼は40代男性ですが、トップ画像のホテルオークラレストランhttp://www.hotelokuranagoya.com/
愉しまれたようです。また彼にはこのブログで紹介することについて了解を得ています。

こちらの方は専門家ではないかと思うくらい深い文章で感動してしまった(驚)。

以下がその文章です。

『今夜はホテルオークラレストランで晩ごはん。いつもの通り中国
料理「桃花林」を予約した。そしていつもの通りバーコーナーでアペリティフを愉しもうと・・、あれ、見たことのないボトルがあるではないか・・。こちらのマネージャー曰く「京都発のプレミアム米焼酎」だとのこと。そして更に詳しく訊いてみると・・、コシヒカリだけで造った焼酎
だと?これは美味いはずだと「じゃあ原酒をストレートで(アペリティフになりません笑)オーダーする。
とても高級感のあるカッコいいボトルから、小ぶりなロックグラスにそそいで、まずはストレートで…なんといっても香りが豊潤で、これって日本酒じゃないの!?と思うほど良いお米の香りが立ちます。ひとくち口に含むと、44度のアルコールのせいもあり、非常に力強いアタックがやってきます。しかし、舌の上での味わいや後味はすっきりとしていて、焼酎のストレートを飲んでいるというよりは、まるでドライジンを飲んでいるかのような感覚です。

“力強さ”は感じるのですが、焼酎独特のクセはなく、とても美味しい!

次に少量の氷を加えロックで…アルコールが和らぎスイスイと飲んでしまいたい欲求をあえて抑えつつ、相変わらずの香りを楽しみながらゆっくりと飲んでみると、焼酎=食中酒のイメージではなく、普段ウイスキーを飲んでいるのと同様、食後酒としても、またこれ単体を楽しむために飲むことのできるお酒だと感じました。これは是非とも買ってみたいと思ったが現在は東京のオーソリティというショップだけでの販売・・。

   残念・・、名古屋でも販売して欲しい。

普段の家飲みとして購入できたらならば冷凍庫にいれて・・・、個人的には、ジンと同じように冷凍保存でキンキンに冷やして飲むのがきっと美味しいのではないかと思っています(*^.^*)

普段から焼酎を愛している方はもちろん、ウイスキーを中心にハードリカーを飲んでいるみなさんにもぜひ飲んでみてもらいたいと思える逸品でした!』

いやはや本当にありがたい感想でした。私はこちらの文章を読んだ後、小泉元首相ではないが「感動した!」と独り言を言っていたことをお伝えしこの辺で失礼致します。

皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 21:09Comments(2)お飲みいただいた感想

2017年12月23日

ご協力いただいた方々パート1



水魚乃交ファンの皆さま、こんにちわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像は京都府京丹後市弥栄町出身の「たなしょうこと田中克典くん」です。

彼は現在京都東急ホテルの
https://www.tokyuhotels.co.jp/ja/hotel/TH/TH_KYOTO/index.html?cid=ovtrn140909007
TEA LOUNGE & BAR HORIKAWA
https://www.kyoto-h.tokyuhotels.co.jp/ja/restaurant/horikawa/index.html#_ga=2.39883943.461227281.1513933902-829854938.1511074988
マネージャーとしてご活躍中です。

㈱ペニーソラ京都の安田社長とはもう20年の付き合いになるとのこと。田中くんもわがままな安田社長には苦労をさせられたに違いありません(笑)。

さて、こちら田中くんには本当にお世話になっております。
水魚乃交がデビューする大分前、リーフレットでの撮影場所を提供して貰ったばかりでなくダミーのカクテルまで作ってくれたのです。
撮影時間も3時間・・、公休にもかかわらず気持ちよく対応してくれていた。と言ってもこの撮影に私は参加しておらずペニーソラさんに
丸投げしていたので後から聞いた話しですが。そのリーフレットは一番下にアップしておきます。

この撮影・・・、公休であるにもかかわらず出て来てくれた田中くん・・、これは安田くんが何かを仕組んでいたのか・・・(笑)。

実は本日のトップ画像はこの写真撮影の時に撮った写真です。安田くんは「せっかくプロのカメラマンを呼んでいるのだから撮って
貰うおいな」と無理やりこのポーズをさせていたようだ(笑)。やはり安田くんはふてぇ野郎です(大笑)。

そして「ほら!この日(ブログアップ)のために撮っといて良かったろうがな。」とは安田くん(笑)。

田中くんも丹後愛満載で安田くんと競っているようです。しかし私の判定では田中くんの勝ち。その理由は彼の職場に行き、彼の対応
から、彼の話すことから判断出来ると確信しています(このブログを見た安田くんの怒りが想像出来ますが笑)ので丹後の皆さんはその
神対応を確めに行ってみてください。

以前このブログで撮影場所を提供して貰ったお礼にと安田くんに同行して貰いお邪魔した時にも勤務を合わせてくれてお付き合い
いただきました。ここまでは良かったのですが、安田くんは勝手にシーバスリーガル12年をボトルキープしてしまうという事件が発生
したのです(笑)。

「田中マネージャー、その節は本当にお世話になりました。感謝申し上げます。またお邪魔したいと思います。安田くん抜きで(笑)。」

お後がよろしいようですので(笑)、この辺で失礼を致します。

皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 





  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 12:15Comments(2)ビジネスパートナー

2017年12月21日

京都ホテルオークラ様フォローパート6



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトツプ画像は京都ホテルオークラ様http://okura.kyotohotel.co.jp/
京料理「入舟」
http://okura.kyotohotel.co.jp/restaurant/irifune/です。

こちらには昨年の4月からのテスト販売、一等最初から販売していただいております。レストラン内には寿司コーナー、天ぷら、
お座敷とありこちらも売上は凄いだろうなと感じております。

昨年4月にご挨拶をさせていただいてからまだ一度もお邪魔していないことをお詫び申し上げなくてはなりません。安田くんからも
嫌味を言われながらの1年でした。しかし私の代わりにと知り合いに行って貰っています。だからこりゃちゃって(許して)ください。
来年はお伺いしてご挨拶をさせていただきたく存じます。

「マネージャー、当初から本当にお世話になりました。引続き水魚乃交をよろしくお願い致します。」

それでは本日もこの辺で失礼を致します。

皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 



  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:50Comments(0)ホテルオークラグループ様フォロー

2017年12月19日

京都ホテルオークラ様フォローパート5



水魚乃交ファンの皆さま、こんばんわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。また今日はえりゃ遅い時間に失礼を致します。

トップ画像は京都ホテルオークラ様のhttp://okura.kyotohotel.co.jp/restaurant/看板レストランといえる中国料理「桃李」http://okura.kyotohotel.co.jp/restaurant/tohlee/です。
こちらは昨年改装をしたらしくモダンなお店となりました。

私はこちらには三度お邪魔しています。
親友のMくんと、二度そして家内と一度、本当に美味しいお料理で、間人の中国料理「火山」にも負けない味をだしています。
いや、失礼しました。火山の剛くんを励ますための言葉でしたのでスルーしてください(笑)。

三度目の訪問は・・・、
あの安田社長が無理やり食事券を売りつけてきたのです。
          「まったく往生しまっせ~」
安田くんは「ここのマネージャーは元同僚ですのでどうもしやにゃで前売りチケットを買いました。私は岡田先輩ほどぎょうさん食べる
ことが出来る男ではないのでよろしくお願いします」と意味不明な言葉を残し去って行った。ほんまに太てぇ野郎ですね。

「マネージャー、いつもお世話になりありがとうございます。またお邪魔しますのでその節はよろしくお願いします!」

それでは本日もこの辺で失礼を致します。

皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 
  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 23:03Comments(0)ホテルオークラグループ様フォロー

2017年12月17日

京都ホテルオークラ様フォローパート4



水魚乃交ファンの皆さま、こんばんわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像は京都ホテルオークラ様のhttp://okura.kyotohotel.co.jp/
トップラウンジ「オリゾンテ」http://okura.kyotohotel.co.jp/restaurant/orizzonte/
です。
こちらは朝食、昼食、夕食とフル回転しています。

思い返せば・・、最初の試飲会でご協力いただいた場所がこちらでした。
あの時にお名刺を交換したこちらのマネージャー兼課長様にも
大変お世話になっております。㈱ペニーソラ京都の安田社長は
「岡田先輩、こちらのマネージャーには今でも本当にお世話に
なっています。一度ご挨拶に行きましょう!」としょっちゅう言いやがる(笑)。近々にご挨拶に参る所存でございます。

昨年導入が決まった時にはエントランス正面に水魚乃交のパネルとボトルをディスプレーいただいていました。その後も販促に力を
お貸しくださり本当にありがたく感謝しております。

「マネージャー、いつも本当にお世話になりどうもありがとうございます!」

昨年から今年はお礼として私の代わりに安田くんが売上協力に出向いていたのですが、私もそろそろお邪魔したいと考えております。
その節はどうかよろしくお願いします!

本日は盛り上がりに欠けた文章となりましたが(笑)、たまには普通に・・(大笑)、この辺で失礼を致します。


皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 

  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 12:10Comments(2)ホテルオークラグループ様フォロー