京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ


2018年03月09日

此の友酒造様パート2



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧賜りどうもありがとうございます。

本日のトップ画像は此の酒造株式会社様の
http://konotomo.jp/
焼酎造りで欠かせない最高の単式減圧蒸留機器(装置)です。こちらから素晴らしい米焼酎である「水魚乃交」が誕生するのです。またこの機器は沸点を43度に設定されていてこのまろやかな日本一の米焼酎「水魚乃交」が誕生するのです(しつこい笑)。

さて、「水魚乃交」の意味とは?
これは此の友酒造さんの木村社長と私の関係を表したものです。
三国志に登場することわざ・・、本来の漢字は水魚之交と書きますね。しかし㈱ペニーソラ京都の戦略会議でこの文字にしたのだとか。その理由を安田社長に訊ねてもかたって貰えません(相手にして貰えません)。

『水魚乃交』とは三国志のことわざであり、蜀(しょく)の王「劉備(りゅうび)」が天下の軍師であった「諸葛孔明(しょかつこうめい)」を得た際の様子「水を得た魚のように生き生きとしている」という意味で、まさに最高の米を作る弊社と最高の技と水を持つ此の友酒造さんが出会い、そして最高の米焼酎が生まれたことを表現したネーミングです。
この劉備が私になり、孔明は木村社長となります。劉備は孔明を三顧の礼で迎えたと言いますが、まさに私の気持ちそのままなのです。

そろそろ文字数が予定をオーバーしておりますので、この続きは次回にさせて貰いたいのですがええできゃ~な(笑)?

水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 





同じカテゴリー(酒造り)の記事画像
此の友酒造様パート5
此の友酒造様パート4
此の友酒造様パート3
此の友酒造様パート1
同じカテゴリー(酒造り)の記事
 此の友酒造様パート5 (2018-06-09 06:00)
 此の友酒造様パート4 (2018-03-13 06:00)
 此の友酒造様パート3 (2018-03-11 06:00)
 此の友酒造様パート1 (2018-03-07 06:00)

Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00│Comments(0)酒造り
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。