京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ


2018年07月29日

水魚乃交誕生秘話パート61



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像は水魚乃交をゆりかごのようにゆっくりと眠らせているセラー、丹後町に唯一残された防空壕です。

さて、水魚乃交は日本全国のホテルオークラグループ様での導入が進んでおり弊社の夢まで本当にもう少しとなっています。

㈱ペニーソラ京都の安田社長は、「導入を決めていただいたオークラ様へのご恩返しはこれからですよ」としょっちゅう言っていたのは昨年の夏前・・。彼はメディアへの露出と何か権威ある賞を獲得したいとぬかしていた。基本的に広告宣伝費を極力抑えたいと安田くんに伝えていたのですが、彼らは見事に期待に応えてくれていた。

安田くんが昨年の秋から度々ぬかしていたこと・・、それは「ロンドン酒チャレンジという、ロンドンで開催される品評会に出品して賞をゲットしましょう」でした。「昨年までは日本酒のみのエントリーでしたが、来年から焼酎も出品出来るようになったのでそれに出品しましょう。」と。
そして議論の結果参加料もリーズナブルであり面白いということで出品を決めました。㈱ペニーソラ京都軍団は本当に様々な希望を叶えてくるている。クライアントという立場からすると理想的なコンサルタントである。

おっと・・、また褒めていたら本当に気分が悪くなりましたのでこの辺で失礼を致します(笑)。

水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 

  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)水魚乃交ストーリー

2018年07月26日

ホテルオークラ東京様フォローパート2



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像はホテルオークラ東京様内
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/
バーハイランダー様でのスペシャルカクテルです。
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/restaurant/bar_highlander/
こちらは別館1階にあり毎日多くのお客様で賑っています。

トップ画像にありますように、この二つのカクテル(主材料を水魚乃交)は今年の初めから2ヶ月特別メニューと共に提供していただいてたものです。顧客様からの評価もとても良かったとのことで、お邪魔した時にも嬉しくて・・、飲み過ぎてしまいええあんびゃあになっていた(笑)。

ホテルオークラ東京様のホスピタリティはやはりグループ内でも群を抜いているのですが、こちらの皆さんのそれは本当に素晴らしい。顧客様からの信頼を得ているので見ていても心地よさを感じます。㈱ペニーソラ京都の安田社長は「こちらのマネージャーやキャプテン、そしてバーテンダーの動きや表情を見ていてください。彼らはアクター・・、舞台で演技をする俳優のように振舞っていますが、その振る舞いはまったく違和感がありません。これこそがおもてなしです。」とこうじゃげに抜かしていたことをご報告しこの辺で失礼を致します。

マネージャー様、そしてスタッフの皆さま、末永くお付き合いくださいますようお願い申し上げます。


水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 

  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ホテルオークラグループ様フォロー

2018年07月23日

ホテルオークラ東京様フォローパート1



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像はホテルオークラ東京様内
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/
別館12、13階にありますオーキッドバーです。
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/restaurant/orchidbar/

ホテルオークラ東京様は東京オリンピックに向け、本館建て替え工事を行っています。素晴らしいタワーを建設中ですよ。こちらのバーはもともと本館にありましたが、この建て替え工事のため別館12、13階一部を改装して営業されているそうです。

こちらの顧客様は凄い方々ばかり・・、詳しくはこちらで言えませんがそうそうたる人たちばかりです。顧客様がホテルマンを育てると言いますが、こちらはまさしくその言葉通りだと感じています。

こちらのメニューにはプレミアムジンを使ったマティーニがあります。この酒を「絶対の逸品」と表現されていますが、まさにその通りであり、感動してしまいます。そんなバーで水魚乃交を飲むと京丹後市のど田舎から出てきたなどと忘れてしまうほどの優雅な気分になる。

本当に「さすがのホテルオークラ東京様」ですね・・。

それでは本日はこの辺で失礼を致します。

水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 



  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ホテルオークラグループ様フォロー

2018年07月20日

ザ・プレゼンパート16 グランドニッコー東京台場様②



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像も当然ながらグランドニッコー東京台場様です。
https://www.tokyo.grand-nikko.com/
こちらのホテル様にはぎょうさんのレストランとバーがありますね・・。丹後とえらい違いです(当たり前ですが笑)。

さて、東京駅に到着し乗り換えること2回・・、台場に到着しました。駅前にドーンと聳え立つグランドニッコー東京台場様、そしてその横には何処かでみたことがある建物が・・、そうですフジテレビですね。グランドニッコー東京台場様の顧客にはこのテレビ局の幹部や芸能プロダクション等草々たる方々がいらっしゃることでしょうね。

ホテル様に到着すると待ち合わせのフロントロビーへ直行する㈱ペニーソラ京都の安田社長。しかしフロアーを間違えて3Fに行っていた(笑)。安田くんは「えらいすんません」と言いながら2Fへ向かおうとすると、いきなり駆け足になり「〇〇さん!」と叫んでいた。そのお相手とは料飲支配人様であった。安田くんは直ぐに私を紹介してくれ名刺交換を。料飲支配人様のお顔は「約束のフロアーではなくどうしてこのフロアーにいるのだろう」というもの(笑)。

そしてお約束をしていたフロントロビーへ行きました。そこには管理部長様とバースタッフ様がお待ちになられていた。そしてこちらのホテルも流石のお出迎え・・、一流のホテルはやはり違います。

メインバーにご案内いただき、そして改めて「導入」とのお言葉をお聞きした時には本当に嬉しかったことが思い出されます。

以降は弊社の米と水菜等、別の商品も提案できたりと安田くんと共に本当にありがたい時間を過ごしていました。

「管理大本部長の〇〇部長様、料飲部〇〇大支配人様、その節は大変お世話になりありがとうございました!」

それでは本日もこの辺で失礼を致します。


水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 
  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年07月17日

ザ・プレゼンパート16 グランドニッコー東京台場様①



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像もドーンとグランドニッコー東京台場様です。
https://www.tokyo.grand-nikko.com/

今年の1月14日・・、この日はグランドニッコー東京台場様へのプレゼンとホテルオークラ東京様フォロー・・、二つの大きな仕事がありました。
いつもと同じように京都駅八条口で㈱ペニーソラ京都の安田社長と待ち合わせをして一路大東京へ・・。新幹線に乗り緊張している私はふと横を見ると何故かえらいリラックスをしている安田くんです。私は「あっ、またこいつは導入のお言葉をいただいているのに私に知らせてはいなかったのと違うか」と思い、このまま言葉にして言うと・・、予想通り「やっぱり分かりましたですきゃ」とぬかす安田くん。またまた1本取られました(笑)。まったくええ加減にして貰わないとあきまへん(怒)。それにしてもどんな手を使って導入して貰ったのだろうか・・、それを尋ねると、「それは企業秘密です」と惚ける安田くん。本当に困ったものです。
一気に緊張の糸が切れた私は車内で読書に励むのであった(笑)。

本日もしょうもない文章になりましたことをお詫びしこの辺で失礼を致します(笑)。

水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 
  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年07月14日

水魚乃交誕生秘話パート60



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像はグランドニッコー東京 台場様です。
https://www.tokyo.grand-nikko.com/

㈱ペニーソラ京都の安田社長が惚れたこちらのホテル、彼はこちらへのプレゼンをと一生懸命に動いていた。
先ずは大人物に繋ぎをお願いしたあと京都ホテル時代の先輩のお力をお借りし根回しに動いていたのが昨年の秋であった。その後先方からの連絡を待ち続けていた安田くん・・。こうして念願の「世間話」に行くことになった。
世間話をしてから数ヶ月がたちようやくプレゼンに行くことが出来たのが今年の1月14日・・、安田くんにしてみれば本当にありがたい記念日になったことでしょう(笑)。

この日のために懸命に資料を整えていた安田くん。そんな彼と共にグランドニッコー東京 台場様へプレゼンに行く日が近づいてきた私は何故か凄い緊張に包まれていたことをご報告しこの辺で失礼を致します。次回はこの緊張感をお伝えしたいと思います・・。

水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 

  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)水魚乃交ストーリー

2018年07月11日

水魚乃交誕生秘話パート59



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像は防空壕の中で水魚乃交のインベントリーをしている私です(笑)。

さて、㈱ペニーソラ京都さんのおかげで、いや、大人物様、HBA顧問様、京都府農業総合支援センター様、京丹後市商工会様等本当に多くの皆さんのお力をお借りしここまでやってくることが出来ました。主要ホテルオークラ様について全国で導入していただいたのですが、当初の予定より1年も短縮出来ている。2016年4月より京都ホテルオークラ様の導入に始まりホテルオークラ東京様の導入が2017年12月・・、本当に凄いことです。

思い起こすと・・、間人在住の後輩である京都農業総合支援センター〇〇コーディネーターとこれまた間人在住で同年8月11日に㈱ペニーソラ京都を立ち上げた安田社長、この3人で間人の有名レストラン「ひさみ」にて水魚乃交前身を試飲したのが2015年8月末であった。水魚乃交誕生秘話はここから始まったのです。この日から京都ホテルオークラ様に導入して貰うまでの内容の濃い議論を継続、そして行動を起こした安田くんたちメンバー・・、有言実行の㈱ペニーソラ京都さんです。

ここで再度導入されたところを整理してみたいと思います。

♦飲める場所
ホテルオークラ札幌様
https://www.sapporo-hotelokura.co.jp/
ホテルオークラ新潟様
http://www.okura-niigata.co.jp/
オークラフロンティアホテルつくば様
https://www.okura-tsukuba.co.jp/
ホテルオークラ東京様
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/
ホテルオークラ東京ベイ様
http://www.okuratokyobay.net/
オークラアクトシティホテル浜松様
https://www.act-okura.co.jp/
ホテルオークラレストラン(名古屋)様
http://www.hotelokuranagoya.com/
京都ホテルオークラ様
https://www.hotel.kyoto/okura/
からすま京都ホテル様
https://www.hotel.kyoto/karasuma/
京都ホテルオークラ別邸「粟田山荘」様
https://www.hotel.kyoto/okura/restaurant/awata/
ホテルオークラ神戸様
https://www.kobe.hotelokura.co.jp/
ホテルオークラ福岡様
https://www.fuk.hotelokura.co.jp/
ホテルオークラJRハウステンボス様
https://www.jrhtb.hotelokura.co.jp/

買える場所
オーソリティ カレッタ汐留店様
http://www.caretta.jp/shop/index/148
髙島屋京都店様
http://www.takashimaya.co.jp/kyoto/
弊社「プレミアムオンラインショップ」
http://members.suigyo-m.com/

となっています。

当然ながら凄いラインナップだ。夢はもうすぐそこに・・・。


それでは本日はこの辺で失礼を致します。


水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)水魚乃交ストーリー

2018年07月08日

ザ・プレゼンパート15 ホテルオークラ東京ベイ様②



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像も当然ながらホテルオークラ東京ベイ様、
http://www.okuratokyobay.net/
打ち合わせをしたレストラン「フォンタナ」様です。
http://www.okuratokyobay.net/restaurant/fontana/index.html

さて、名刺交換が終わると画像のレストラン「フォンタナ」様へご案内くださいました。こちらには既に購買支配人様が待機されていて先ずは㈱ペニーソラ京都の安田社長がご挨拶と共に名刺交換を、そして次に私をご紹介くださり名刺交換をした。

こちらでも同様となりますが、安田くんと企画支配人様が販促についての打ち合わせ、私と購買支配人様とは仕入れについての打ち合わせを始めた。その後安田くん得意の世間話をしながら、安田くんは丹後の食材・産品について説明を始めた。本当にどあつかましいと思っていたら先方も興味を持ってくださっていたようで私もつられて弊社自慢の水菜を売り込んでいた(笑)。ひょうたんから駒ではなくて、安田くんは企画支配人様とのメールのやりとりの中で既にこんな話しを進めていたのだった。両支配人様より「早速水菜のサンプルを送ってください」と前向きなご発言があり・・、実はこの後この商談は成立したのです。弊社自慢の水菜が一流ホテル様で評価を得たことは大きな一歩になると共に毎日一生懸命に水菜作りに励む社員みんなへの励みとなる。本当にありがたいお取引きが成立しました。

最終打ち合わせが終わり、お二人は玄関までお見送りをしてくださり本当に丁寧なご対応・・、感謝せずにはいられません。


安田くんも丁重にお礼を言いそのまま何故かモノレールの駅方向へ歩いている。私は「あれっ?バスに乗らへんだか」と言うと、「両支配人が見とんなるでバスに乗ったら品が悪りぃですわな。」と。羞恥心だけはあるようですね(笑)。

こうして京都へ戻る田舎者の二人であった。

それではこの辺で失礼を致します。

水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 
  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年07月05日

ザ・プレゼンパート15 ホテルオークラ東京ベイ様①



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像はホテルオークラ東京ベイ様です。
http://www.okuratokyobay.net/

さて、前回でホテルオークラ東京様との打ち合わせが終わりましたが、その後は急いでホテルオークラ東京ベイ様へ向かいました。

舞浜で電車を降りるとそこはもうディズニーランド一色です。

私は孫たちとよく来ているので勝手しったるもの(笑)。しかし田舎者の㈱ペニーソラ京都の安田くんはモノレールに乗らないでバスターミナルへ向かおうとしていた。私は「モノレールで行こう。」と言うのですが、安田くんは人の話しを聞こうともしないで下のバス乗り場へ行くようだ。
安田くんは「前回もこのバスで行きましたで。ホテル玄関まで行ってくれます。」と。あれっ、よく見ると従業員用のバスではないか・・。まったくあつかましい安田くんです(笑)。その従業員用のバスに乗り込み小さくなっている私と堂々と座っている安田くんというこの姿同士はけったいに見えたに違いありません(笑)。

そして約束の15時にホテルへ到着。ホテルのフロント前ロビーには安田くんが幾度となく連絡をして一度ご挨拶していた企画支配人様がお待ちになられていた。やはり流石のホテルオークラ様・・、どちらのオークラ様も本当にホスピタリティが抜群であります。

安田くんは支配人様と笑顔で挨拶をし、そして私を紹介してくれた。支配人様は名刺交換をしている時にもにこやかで柔らかい物腰・・。素晴らしい!!


それでは本日はこの辺で失礼を致します。

水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 
  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年07月03日

ザ・プレゼンパート14 ホテルオークラ東京様②



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトツプ画像もホテルオークラ東京様の
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/
バーハイランダー様で販売していただいているカクテルです。
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/restaurant/bar_highlander/

前回はしょうもないことばかり書いて本題に入れなかったことを先ずもってお詫び申し上げます。

さて、新幹線で東京に到着後ホテルオークラ東京様へ。地下鉄で神谷町まで行き徒歩5分ほどです。ここでいらんこと言いの㈱ペニーソラ京都の安田社長は「ホテルオークラ東京様に地下鉄に乗って行くもんらぁはおらんだろうなぁあ。」と。いつまでたってもいらんことをぬかしよる(笑)。

ホテルに到着したのがお昼前、当然ながら私たちは中国レストラン・桃花林に向かいます(笑)。そしていつものように葱とチャーシューの汁そばをオーダー、そして生意気にチャーハン一つをシェアすると言う安田くん。「いらんわぁ!」(笑)

そして約束の13時にバーハイランダー様へ。バーに到着するとマネージャー様と購買担当者様がお待ちになられていた。相変わらず流石のホテルオークラ様ですね。打ち合わせについて、販促がマネージャー様と安田くん、そして仕入は購買担当者と私が話し10分ほどで終了。その後安田くん得意の世間話(笑)。この時マネージャー様から仕入れは12月途中にするが、1,2月は水魚乃交を使ったカクテル2種類でオンリストをして売るとのお言葉をいただきました。安田くんと私は嬉しくなり感謝の言葉を述べていた。安田くんは「マネージャー、ボトルキープも前向きにご検討をお願いします」とあつかましいお願いをしたが、マネージャーからは「いいですよ、やりましょう!」と。私はこんなに順調に話しが進むとは夢にも思っていなかったので心の中で大きくガッツポーズをしていた(笑)。しかしここまで来るには並大抵な努力では無かっただろうと改めて安田くんは凄いなぁと感心していたことが思い出されます。

あっ、久しぶりに安田くんを褒めたら気分が悪くなりましたのでこの辺で失礼を致します。

水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 
  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン