京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ


2018年04月30日

ザ・プレゼン パート13 ホテルオークラJRハウステンボス様③



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像もホテルオークラJRハウステンボス様です。
http://www.okuratokyobay.net/
今日は真正面からエントランスを見た画像・・。素晴らしいホテルです。


さて、ホテルオークラJRハウステンボス様へのプレゼンが終わり帰りの列車が・・、時刻が近づいていました。㈱ペニーソラ京都・安田社長の世間話が終わる気配がなくイライラしていると・・、思い出したように時計を見る安田くん。そして我に返り「それではそろそろ失礼します」と(笑)。皆さまからお見送りいただき・・、やはり流石のオークラマンですね・・。外まで出てきてくださりお見送りを・・。安田くんは「髪の毛が無いので苦にはなりませんが後ろ髪を引かれる想いでした」とぬかしていた(笑)。門のところまでゆっくり歩き振り向くとエントランスには全員がいらっしゃっていてお見送りを続けていらっしゃる。我々は最後しっかりと礼をして皆さまが見えなくなったところで300メートル離れた駅まで猛ダッシュ(笑)。年齢を重ねた二人は大汗をかきながら列車へ滑り込みセーフ・・(笑)。

列車が出発した後も息を切らしたまま沈黙を守り博多へ向かうのであった・・。

めでたしめでたし・・ということで本日は失礼を致します。次回はハウステンボス様での反省点と福岡様へのフォローをお伝えしたいと思います。

魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 

  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年04月28日

ザ・プレゼンパート13 ホテルオークラJRハウステンボス様②



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像もホテルオークラJRハウステンボス様ですね。
https://www.jrhtb.hotelokura.co.jp/
この建物からして夢の国に来ているような錯覚に陥ります。博多からハウステンボス駅に向かう列車からの景色とハウステンボスに到着した景色は驚くほどの違いなのです。


さて、博多駅13時32分発のハウステンボス号に乗ります。この列車はハウステンボスまでの特急ですが、列車から見る景色は・・、まるで丹後へ向かう時のそれと同じ・・、㈱ペニーソラ京都の安田社長も「おっとらしゃ!」と驚いていました。しかし終点のハウステンボス駅に到着するとこの景色が一変します。「夢の国」という表現がぴったしの風景となるのです。

ホテルオークラJRハウステンボス様へは15時過ぎに到着しロビーで待っていると、約束の時間通りに料飲部長様、課長様、レストランマネージャー様がお越しになりました。安田くんはメールでやり取りをしていたので先に名刺交換を、そして次に私を紹介してくれた。

料飲部長様はラウンジにご案内くださりその後商品説明をしました。そして一通りご説明したところで安田くんが一言「是非とも試飲をお願いします」と。すると人数分×2のグラスと氷をご用意くださり、皆さまには試飲をしていただいた。私は皆さまのお飲みになる表情を確認しながら少し安堵を・・。
安田社長は「こちらとは別に現物をお送りしますのでテストマーケティングをお願い出来ますでしょうか?」と。すると料飲部長様は快諾、ホッと胸をなでおろす私。緊迫したやり取りでした・・。それから安田くん得意の世間話が始まり予定通り1時間のプレゼンが終わりました。
今回は初めて「世間話」に同行しましたが、やはり緊張しまくりでした・・。これまで数ヶ所は安田くん一人でこの時間を過ごしていた。本当に頭が下がります(笑)。あっ、また褒めていたら気分が悪くなりましたのでこの辺で失礼を致します(笑)。

魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 

  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年04月26日

ザ・プレゼンパート13 ホテルオークラJRハウステンボス様①



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像もホテルオークラJRハウステンボス様
https://www.jrhtb.hotelokura.co.jp/
エントランスです。

さて、6月5日当日は㈱ペニーソラ京都の安田社長と9時半に待ち合わせをして10時10分の新幹線で博多まで、そして13時32分博多発のハウステンボス号に乗り換えます。流石に長崎の端までを列車で行くと時間がかかりますね。

新幹線の中ではこれまでの販路拡大についての復習とフォロー、そして今後の展開についてレクチャーを始める安田くん。そして少し、いや・・、だいぶ展開が早いので注意をしようとする私(笑)。話しがかみ合いません(冗談です)。このような話をしていて気がついたら博多でした。この地はホテルオークラ福岡様へプレゼンに来ていたので、確かその日は3月22日でしたので2ヵ月半ぶりとなりますね。
あっ、しまった・・、前回に言い忘れていた・・。実はハウステンボス様へのプレゼンの後はホテルオークラ福岡様へのフォローも予定していたのだった。
ここでどうでもよい話を一つ・・、この日の宿泊は博多ですので、ホテルオークラ福岡様で部屋を取ろうと思ったら、「喫煙室でお願いします」とは安田くん。私は「もうええ加減にタバコは止めたらどうだ」と言ったのですが聞く耳を持たない・・。一流ホテルでは喫煙室が少ないのでこの日もこちらに泊まることが出来なかった・・。どうもしやにゃ~(仕方がない)ので駅前のあるホテルに部屋を取ることになった・・。まったくオークラ福岡様に失礼な話しですわ・・。


またまたしょうもない報告をしていたら文字数がかなりオーバーしましたのでこの辺で失礼をいたします(笑)。

水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 





  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年04月24日

水魚乃交誕生秘話パート40



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像はホテルオークラJRハウステンボス様です。
https://www.jrhtb.hotelokura.co.jp/
こちらのオークラ様も素晴らしいホテルです。

さて、こちらホテルオークラJRハウステンボス様へのアポを取るために様々な方法で動いていた㈱ペニーソラ京都の安田社長、その甲斐があり料飲部長様とお会い出来る事になりました。その大事な日は6月5日となった。

安田くんは「また世間話をしに行ってきます。」と言いながら熱心に資料を作り上げていた。そして「こちらもリゾートホテルですのでホテルオークラ東京ベイ様と同じようなスタンスでお願いにあがりますので返答については時間を要すと思います。」とは電話をしてきた安田くん。そして「私、失敗しないので」と何処かで聞いたようなセリフを残し一方的に電話を切りやがった(笑)。

6月5日となると田植えも一段落しているだろうと考えていた私は同行を決意し(大袈裟な笑)、その旨を安田くんに告げたのが6月18日でした。安田くんは「了解しました。それではプレゼン用の資料に作り変えます。」と。

そして当日を迎えるのであった。

それでは本日もこの辺で失礼を致します。


魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)水魚乃交ストーリー

2018年04月22日

ザ・プレゼンパート12 ホテルオークラ新潟様




水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像はホテルオークラ新潟様の
http://www.okura-niigata.co.jp/
バーエジンバラのエントランスです。
http://admin.kyo2.jp/admin/entry

ホテルオークラ新潟様には㈱ペニーソラ京都の安田社長が単独でお邪魔しています。最初は世間話程度と言っていたが、いやいや先方は管理本部長様や料飲部長様、和食マネージャー様とお越しになり熱いお話しになったようだ。

㈱ペニーソラ京都の安田社長は初めての上越新幹線に乗り嬉しげに訪問していたのだそうだ(笑)。

以下は安田くんから貰った文章を貼り付けておきます。

当日は東京駅に着くと上越新幹線に乗り換え新潟へ。
ホテル到着は12時でした。やはりこちらでもチヤーシュー入り汁そばを食べなくてはと桃花林さんへ。安心の汁そばでした。何処で食べても同じ味で感動しました。
そしてお約束の14時に1階ロビーで待っていると管理本部長様がお出迎えと恐縮しきりでした。管理本部長様のご案内で役員室へ。少しビビッている私です。ご案内された部屋で待機していると料飲部長様と和食マネージャー様がお越しになりお三方への説明が始まりました。一通りのご説明をしたあとやはりこちらでも試飲をしていただきました。お味は満足していただきたが、やはりオークラ新潟様としては「京都の米焼酎を売る理由がない」ような雰囲気・・。しかしこれは想定内であり当然のお言葉です。それから「〇の〇〇〇〇〇」としてと提案した。すると料飲部長様が反応してくださり後日メールでのやり取りをお約束して下さった。本当にありがたいお言葉でした。


安田くんの文章からもかなりの苦戦が感じ取れますね。その後料飲部長様とのやり取りからバーエジンバラ様での販売を決めて下さったと大喜びで報告してくれた安田くん・・、少しだけ見直した一瞬です(笑)。

それでは甚だ簡単ではございますが本日もこの辺で失礼を致します。


水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 




  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年04月20日

水魚乃交誕生秘話パート39



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像もホテルオークラ新潟様です。
http://www.okura-niigata.co.jp/

こちらの料飲部長様には大変お世話になっております。

さて、㈱ペニーソラ京都の安田社長は料飲部長様と連絡を繰り返しついに訪問日を決めてしまいます。この間の事実関係については「墓場まで持って行きます」と意味不明なことをぬかしますので一切聞いておりません。
安田くんは「当方とお会いしてくださるだけでも感謝しないとあきません。よろしくお願いします。」と言いながら、また「5月22日に訪問する」と言っていた。そうなんです・・、つくば様、東京ベイ様、そして新潟様へと立て続けに訪問していたのです。

新潟様については東京ベイ様同様、安田くんが商品説明とお願いに行きました。
その結果はかなり厳しいものでした。やはり新潟は米どころ・・、京都丹後米こしひかりで出来た米焼酎を売る理由がない。普通に考えたら当然の結果です。

しか~し、安田くんは暗い顔をしないで前を向いていました。「その自信は何なんだ」と突っ込みを入れると、「自信なんぞありまっかいな!」とは安田くん。また何ぞ裏から手を回したのか(笑)。あまり裏から手を回すと、後ろに手が回りますが(笑)←意味不明。

その後ホテルオークラ新潟様の料飲部長様と多くのやり取りをしていた安田くん。この様子については後日ザ・プレゼンのカテゴリーでお知らせいたいと思います。
そして何とかバーでの採用という奇跡が生まれたのだ。この奇跡はひとえに料飲部長様の大きな決断だと信じています。この場をお借りして御礼を申し上げたいと思います。

「〇〇部長様、その節は本当にありがとうございました。感謝申し上げます!」

ということで新潟様での採用が決まったことをお伝えしこの辺で失礼を致します。

水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 





  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)水魚乃交ストーリー

2018年04月18日

水魚乃交誕生秘話パート38



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像はホテルオークラ新潟様です。
http://www.okura-niigata.co.jp/

こちらのホテル様には「よくぞ採用してくださった」と感謝の言葉しかありません。

㈱ペニーソラ京都の安田社長はこちらへの訪問が一番力仕事になるだろうと当初から言っていました。その意味は「新潟は日本一の米どころ」であることだ。オークラ新潟様にしてみたら京都のコシヒカリで造ったというこのお酒を使う理由がないのだ。当然ながらホテルの顧客様やローターリー、ライオンズクラブには酒蔵の社長様が多くいるだろうと。安田くんは酒蔵の数を事前に調べていたというが、調べれば調べるほどハードルが高くなって行ったらしい。

さて、安田くんが先方と連絡を取り出したのは、つくば様、東京ベイ様とほぼ同時期でした。こちらの次にハウステンボス様へのプレゼンとなるので、この頃は水魚乃交の営業に全エネルギーを使ってくれていたように思います。普通では出来ない、あっ、安田くんは普通ではないので(笑)例外ですが、考えられないペースで進行していたのだ。

また若干安田くんを褒めてしまいそうになったので、また気分が悪くならないようにこの辺で失礼を致します(笑)。


水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)水魚乃交ストーリー

2018年04月16日

水魚乃交の飲み方パート2



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像は京都ホテルオークラ様の
http://okura.kyotohotel.co.jp/
オリジナルカクテルである「ライジングサン」です。こちらは2階にありますバー チッペンデール様で飲めますよ。
http://okura.kyotohotel.co.jp/restaurant/chippendale/

京都ホテルオークラ様は水魚乃交を最初に採用してくれた恩人ですが、こちらマネージャーが考案してくれたのがこの「ライジングサン」です。水魚乃交も認知度が上がり最近ではこのカクテルを指定してくれる顧客様も増えているのだとか。ありがたいことです。

さて、水魚乃交の飲み方について、株ペニーソラ京都の安田社長は「スノースタイルにしてロックで飲む」が一番だと言っていました。この塩は天然塩でないと駄目らしい。安田くん曰く「これで飲んだらつまみがいらないし塩分の取り過ぎで病気になるから気をつけてください」と言っていた。昨年の4月に入院した彼の口からその言葉を聞くと現実味があります(笑)。

私は個人的に原酒のお湯割りも好きですよ。ブーケはこれが一番愉しめます。今年のような極寒だと本当に身体が温まりええあんびゃになった(笑)。


このタイトル「水魚乃交飲み方」シリーズについては、私のような素人考えではなくて、全国のオークラ様のプロ集団に、フォローへ行った時にヒアリングの重点課題としてお伺いして参ります。またその結果についれはご報告しますね。


水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)飲み方

2018年04月14日

水魚乃交の飲み方パート1



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像はホテルオークラ東京様内、
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/
バーハイランダー様で
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/restaurant/bar_highlander/
本年の1月と2月にご提供していただいたカクテル「水月」です。

今日は水魚乃交の飲み方について議論をして、いや、ご提案をしたいと思います。

私が一番好きな飲み方は、やはり原酒のロックです。小ぶりなロックグラスにアイスピックで作った丸ぁるい氷を一つ入れて少量の原酒を入れる。そして氷が溶け出して直ぐに飲む・・、これがいっちゃん美味ゃですわな(一番美味しい)。

しかしプロの意見は鋭い。

原酒を冷凍庫に入れガンガンに冷やしストレートでという意見、また25度は冷蔵庫に入れ冷やしこれまたストレートで飲むというもの。どちらも氷で溶けた水分を否定しています。米のスピリッツで売り出したこのお酒はプロの手によって進化しています。

本日のトップ画像でご紹介したカクテルは本当に美味しかった。1月中旬に新たに採用をしていただいたグランドニッコー東京台場様へお打ち合わせに行ったのですが、その帰りにホテルオークラ東京様へこのカクテルを飲みに行きました。こちらはマティーニのようなヘビーなカクテルですが、ジンの代わりに水魚乃交を使用、そしてフレンチベルモットとゆずピールで仕上げています。流石のオークラ東京様です。美味しくて3杯もいただきええあんびゃになりました(笑)。

それでは本日もこの辺で失礼を致します。


水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 

  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)飲み方

2018年04月12日

水魚乃交誕生秘話パート37



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像もホテルオークラ東京ベイ様ですね。
http://www.okuratokyobay.net/
こちらもホテルエントランスから豪華な雰囲気が漂い、中に入ればオークラスマイルで迎えてくれますよ。こういうのが私にはええあんびゃになります(笑)。


さて、ホテルオークラ東京ベイ様へ世間話に行った㈱ペニーソラ京都の安田社長もホテル内の雰囲気がええあんびゃだったと報告を受けました。安田くんは「企画課支配人様とお会いしてお話しをして来ました。結果についてはテストマーケティングをしていただけるので現物を送付ください。」とのことでした。
安田くんは以前から「東京ベイ様とハウステンボス様はリゾートホテルとしての営業なのでシティホテルのようなアプローチではだめです。」と言っていた。やはりテストマーケティングをしていただきお客様からの評価を得ることが大事だということ。

私は早速先方に拝みながら(笑)現物を包装し、ヤマト運輸に手渡す時にも同じく手を合わせながらお送りしたことが懐かしく思い出されます。

安田くんは「テストマーケティングの間は静かにして朗報を待ちましょう。」とぬかしていたのですが、私は心の中で「その言葉をそのまま返す」と呟くのであった。安田くんがじっとしてくれという意味であります(笑)。


それでは本日もこの辺で失礼を致します。


魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)水魚乃交ストーリー