京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ


2018年02月27日

ザ・プレゼンパート9 オークラアクトシティホテル浜松様②



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像も当然ながらオークラアクトシティホテル浜松様です。
https://www.okura-nikko.com/ja/japan/hamamatsu/okura-act-city-hotel-hamamatsu/
こちらの画像はまさに浜松駅からホテルに向かい歩いていく景色ですよ。

ホテルロビーに到着すると料飲課長様はにこやかな表情でお待ちになられていました。料飲課長様もそうですが、彼の近くでアテンドされていた方・・、こちらでも感じることは流石のオークラマン、名札をしていなくてもホテルマンだということが直ぐに分かる。

㈱ペニーソラ京都の安田社長は面識があるので料飲課長様に対しちょっとにこやかに(笑)挨拶をしていました。そして私を紹介、やはり丁寧なご対応・・、やはりホテルオークラは凄い・・、「おみゃは誰だ」というようなお顔はなさらない(丹後の事業所ではこの当たり前のことが出来ない人をよく見る笑)。

そして別室へ向かいコーヒーをご馳走になりながら待っていると、企画課長様と購買係長様がお出でになりました。今回も採用が決まっていて尚且つ説明会も安田くんが済ましていたので「余裕のよっちゃん」とまではいきませんがリラックスをしながら打ち合わせが出来た。

こうしてオークラアクトシティ浜松様での交渉が終わり販売をしていただけることになりました。

本日もご静聴をありがとうございました(笑)。

水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 



  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年02月25日

ザ・プレゼンパート9 オークラアクトシティホテル浜松様①



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像はオークラアクトシティホテル浜松様です。
https://www.act-okura.co.jp/

以前申し上げましたが、こちらへプレゼンに行く前にはしっかりと根回しをしていたのが㈱ペニーソラ京都の安田社長。インフルエンザで私に迷惑を掛けたと罪滅ぼしのつもりだったのでしょう(笑)。彼は一度浜松様へ行き管理部長様と世間話?をしていましたが、以降再度訪問して料飲課長様とレストランマネージャー様に会っていたという。そして現場の皆様への説明会も終えていたのだとか。
全く・・、誰に断って店を出している・・、間違えた・・。誰に断って訪問したんだと叱っちゃろうかと思いましたが、そんなことを言うと反撃をくらうのでやめておきました(笑)

ということで、採用を約束してくださっていたので、福岡様と同様に気持ちに余裕を持ちながら訪問させていただくことになる。この時は少しだけ「安田くんはええ男だ」と思っていたこともご報告致します(笑)。

今更ながら思い出すと・・、この頃は本当に忙しかった。オークラ福岡様へお邪魔し、数日後髙島屋の試飲販売、そしてこの日のオークラ浜松様へ訪問・・、しかし全てに成果が出て忙しい中でも最高の1週間となりました。しか~し、この忙しさ以上に動いていた安田くんは事件を起こす・・、病気になってしまったのだ。あっ、浜松様に関係のないことで失礼を致しました。


浜松駅に到着後、徒歩3分の「オークラアクトシティホテル浜松」様、画像にのありますように流石の貫禄です。


宴たけなわではございますが←意味不明(笑)、今日も文字数が達してしまいましたので、この続きは次回でお知らせ致します。

水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年02月23日

お客さまの声パート5 



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧賜りどうもありがとうございます。

本日のトップ画像は京都ホテルオークラ様
http://okura.kyotohotel.co.jp/
バーチッペンデール様http://okura.kyotohotel.co.jp/restaurant/chippendale/です。

さて、今日はお客さまの声第5弾です。

こちらの情報は一昨年の5月8日にバーチッペンデールのアシスタントマネージャー(現在はときわ勤務)からいただいたものですよ。テスト販売の最中ということになりますね。

 1、原酒はアルコール感もしっかりあって、ウイスキー感覚で楽しめる。(50代男性・原酒)
 2、甘い香りがするので、飲みなれない私でも飲みやすかった。(30代女性・25度)
 3、オレンジ(恐らく橙だと思われる)を使ったカクテルにしてもらい、とても美味しかった。(20代女性・25度)
 4、普段は芋焼酎しか飲まないが、これは香りもあって美味しい。(40代男性・原酒)
 5、焼酎はめったに飲まないが、日本酒みたいで飲みやすかった。(30代男性・25度)
 6、うまい!(30代男性・原酒)
 7、香りが好き。(40代女性・原酒)
 8、氷が溶け出し、少しずつ味わいが変化していくのが面白い。(60代男性・原酒)
 9、ハイボールは口当たりがよくて、何杯でも飲める。(30代女性・原酒)
10、上品な味わいで、焼酎のイメージが変わった。(40代女性・25度)

ちなみに8番は私ですけど何か(笑)。

嬉しい評価ばかりで大変喜んでいたら、「当然です」とは㈱ペニーソラ京都の安田社長・・、「ちったぁ喜べよ」と言おうとしたら満面の笑みでした。そして直ぐに険しい表情となり「京都ホテルオークラさんへのご恩返しとして送客しましょう」とは安田くん。安田くんは人脈
フル活用でかなりの送客をしていた模様でしたので、私も負けじと親友のM君たちに「もっと行ってくれ」と言おうと心に誓うのでありました(笑)。

それでは今日はこの辺で失礼を致します。次回はオークラアクトシティホテル浜松様へプレゼンの様子です。こちらへは安田くんがインフルエンザにかかってしまい「多くの人に迷惑を掛けた」と(誰に笑)反省のもと、先にご説明をと足を運んでいたようですよ。


水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)お飲みいただいた感想

2018年02月21日

水魚乃交誕生秘話パート25



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像はオークラアクトシティホテル浜松様
https://www.act-okura.co.jp/
スカイレストラン「パガニーニ」
https://www.act-okura.co.jp/restaurant/paganini/
バーカウンター、水魚乃交飲みながら写したものです。この日も当然ながら飲み過ぎたことは言うまでもありません(笑)。

さて、前回もお知らせしました通り、㈱ペニーソラ京都さんでは平行して浜松様と福岡様とも交渉を続けていた。

その浜松様には「2月17日に管理部長様と世間話をして来ます」という安田社長。世間話とな?何のこっちゃ・・・。忙しくて頭が可笑し
くなったのかと思いましたが、安田くんは真剣そのもの(笑)。しかしこの世間話を終え2週間後にはプレゼンの日程を決めててくれ
ました。管理部長様とはどんなお話しをしていたのかは全く話さない安田くんです。世間話・・、どう理解して良いのか・・・、分かりま
せん・・・・。
プレゼンの日程は3月28日となります。少し時間があいておりますが、これには理由がありますね。その理由とはもう既にお知らせした通り、安田くんがインフルエンザで1週間ダウンしていたからなのです。当時は勝手に日程を決めるから天罰がくだったのだと理解していた私(笑)。その証拠に福岡様と浜松様へのプレゼンの日程については私に相談するようになった(笑)。またその上に・・、それ以降は先に根回しのため単身で調整にも行くようになったのです。福岡様の時もしかり、また次の浜松様へも調整に行ってくれていた。

安田くんは不甲斐ない自分に反省しきりでしたが、4月になるとまたまた事件を起こしてしまうのです。この時は流石に慌ててしまった・・。こちらについてはその後ご報告致します。

それでは・・、次回は浜松様へのプレゼン・・・ではなくて(笑)、お客様のリアルなお声をお届けすることにします。


水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 
  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)水魚乃交ストーリー

2018年02月19日

ザ・プレゼンパート8 ホテルオークラ福岡様③



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像はホテルオークラ福岡様内の
https://www.fuk.hotelokura.co.jp/
ラウンジ&バー はかたがわ様と
https://www.fuk.hotelokura.co.jp/restaurant/guide/hakatagawa
中国料理「桃花林」様です。
https://www.fuk.hotelokura.co.jp/restaurant/guide/tohkalin#dim

水魚乃交を販売してくださっている場所で食事に行けてないところが中国料理「桃花林」様です。次回フォローに参りました時には是非ともお邪魔したいと思っています。

さて、前回の続きです。

説明会が終わり、バーで一服していました。㈱ペニーソラ京都の安田社長が京都駅からの車の運転でビールを飲まないというものだから、先ほどまでの説明会での興奮が一気に冷めてしまっていた(笑)。

バーマネージャー様は上司の次長様をご紹介してくださったりと本当にお世話になりました。

安田くんは長崎の方を見ながら「あちらの方向にはオークラハウステンボスさんがあります。」とボソリ・・・、おいおい、ほんまにやる気満々だなぁ・・。またまたこのスピードについて行けるのだろうかと不安になりながらホテルオークラ福岡様を失礼しました。

これで採用して貰ったオークラ様は
京都ホテルオークラ様
http://okura.kyotohotel.co.jp/
からすま京都ホテル様
http://karasuma.kyotohotel.co.jp/
粟田山荘様
http://okura.kyotohotel.co.jp/restaurant/awata/
ホテルオークラレストラン(名古屋)様
http://www.hotelokuranagoya.com/
ホテルオークラ神戸様
https://www.kobe.hotelokura.co.jp/
ホテルオークラ福岡様
https://www.fuk.hotelokura.co.jp/
と4府県6ホテルとなりました。

次はオークラアクトシティホテル浜松様へのプレゼンとなります。ご静聴ありがとうございました(笑)。

それではこの辺で失礼を致します。

水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 




  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年02月17日

ザ・プレゼンパート8 ホテルオークラ福岡様②



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像はホテルオークラ福岡様内の
https://www.fuk.hotelokura.co.jp/
レストランで鉄板焼「さざんか」様
https://www.fuk.hotelokura.co.jp/restaurant/guide/sazanka/
と和食堂の「山里」様です。
https://www.fuk.hotelokura.co.jp/restaurant/guide/yamazato/

前回お邪魔したのが「山里」様、そしてフォローに一度出向いた時には「さざんか」様にお邪魔しました。どちらも素晴らしいレストランですよ。料理が良いのはもう当たり前の時代ですが、やはりこのホスピタリティはオークラマンとしてのプライドでしょうか。

さてさて、前回の続きです。
バーマネージャーのご案内で宴会場まで。そしてしっかりとセッティングされた説明会会場、流石のホテルオークラ様ですね。テーブルも真っ直ぐに整然と並べられ、クロスの貼り方もバッチリ・・でした。この見立ては実は安田くん、元ホテルマンの血が騒いだのでしょうか、それとも粗探し?(笑)

15時から説明会が始まりましたが、各レストランのマネージャー以下現場の皆様で場内は満席となります。

安田くんはいつも通りの説明のあと、私の出番・・、この日は数名が本当に真剣に私の話しを聞いてくれていた。その内の一人が鉄板焼のマネージャーでした。説明会が終わった後名刺交換をしたのですが、たくさんの質問もいただき「売ろうとする姿勢」が見えた。

説明会が終わり再びバーへ戻りカウンターへ座りビールでも飲もうかと安田くんに言うと、「いや京都駅まで車で来ていますのでアルコールはやめときます」と顔に似合わない言葉を(笑)。

今日はこれから業務多忙でございますので、この辺で失礼致しますがええですか?この続きは次回にお知らせ致します。

水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 







  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年02月15日

ザ・プレゼンパート8 ホテルオークラ福岡様①



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像はホテルオークラ福岡様です。
https://www.fuk.hotelokura.co.jp/

こちらも素晴らしいホテルですよ。博多に行かれる時がございましたら是非ともご利用をよろしくお願い致します。


さて、ホテルオークラ福岡様へは㈱ペニーソラ京都の安田社長が正月明けにメールをした後(このメールの相手は秘密保持とかで私にも言わない)現物を送っていました。そしてそれから1ヶ月後に安田くんの先輩(ホテル時代、HBA顧問)にお願いし距離を縮めることが出来た・・、と、ここまではお知らせしていました。

ホテルオークラ福岡様へのプレゼンは3月22日でした。安田くんとは朝9時半に京都駅で待ち合わせし新幹線で博多まで、滞在時間4時間の強行スケジュールです。新幹線の中で「岡田先輩、実は福岡様はもう採用を決めてくれていますよ。」とは安田くん。私は「えっ!」と一言を。彼は私を驚かそうとこのタイミングまでそのことを知らせてくれてなかった。まったくいらんことする男です(笑)。しかしほんの少しホッとしたことが思い出されます。ということは従業員の皆様への説明会と購買担当者様との仕入れについての打ち合わせということ。

お昼に博多に到着、そして和食で昼食をとりました(安田くんには必ず館内のレストランで食事をと、本当にしつこく言います)。
その後14時にプレゼンとその後の説明会をお世話にいただく「バー HAKATAGAWA」
https://www.fuk.hotelokura.co.jp/restaurant/guide/hakatagawa
の男前マネージャーとお会いし宴会場までご案内していただいた。安田くんはここでもマネージャーに向かって「男前ですね」といらんことをぬかしやがる(笑)。まったく困った奴です(大笑)。宴会場ではスクール形式でセッティングしてあり、テーブルの上にはシェリーグラスが二つずつ置いてあった。説明会には各レストランのマネージャー以下多くの従業員の皆さんが出席してくださるとのこと。

先ずはバーで購買担当者様と仕入れについて打ち合わせをしました。購買担当者様も丁寧なご対応でしたよ。何度も申し上げますが、ホテルオークラ様のような一流ホテルでは従業員教育がしっかりとなされており、管理部とか購買部の皆様も本当に丁寧だ。


本日は既に文字数がオーバーしておりますのでこの辺で失礼を致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 



  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年02月13日

水魚乃交誕生秘話パート24



水魚乃交ファンの皆さま、こんばんわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像はホテルオークラ福岡様
https://www.fuk.hotelokura.co.jp/
ラウンジ バー「はかたがわ」です。
https://www.fuk.hotelokura.co.jp/restaurant/guide/hakatagawa
弊社はこちらの男前であるマネージャー様に大変お世話になっております。

さて、神戸様はプレゼンが終わり、また浜松様へのプレゼンは決まりましたが、㈱ペニーソラ京都さんはこちらの福岡様とも交渉を続けていた。

安田社長は「年始からメールを送らせていただき現物も送りました。先方はバーでテストマーケティングを行っています。今はこちら
でのお客さまからの評価を待ちましょう。しかし福岡は焼酎の本場でありかなり厳しい交渉となります」と言っていたのが1月中頃でした。
でした。やはり九州では厳しいのだろうか・・、京都の焼酎を売る理由がない・・ですね。安田くんの予想通りそれから暫く音沙汰なしでした。
2月に入ると安田くんは動きだします。しかし例のインフルエンザでダウン(笑)、一時フリーズ状態でした(笑)が次々と手を打っていた。

安田くんは「2月後半にHBA顧問の〇〇先輩がBMCの会議で福岡へ行きますのでオークラ福岡様バーマネージャーに言伝をお願いすることにしました」と。一生懸命に動いていると何処からか協力者が現れるようですね。
そして安田くんの先輩である〇〇さんのおかげもあり、安田くんはバーマネージャーとコンタクトを取ることが出来るようになった。その後、数度やり取りをしてプレゼンの日程調整が完了した。
余談ですが、安田くんはインフルエンザになり反省したのか、福岡様の日程については相談してきました(笑)。

ホテルオークラ福岡様へのプレゼンは3月22日となりましたが、次回はこちらのプレゼンの様子をご報告致します。

水魚乃交わりファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  

Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)水魚乃交ストーリー

2018年02月11日

ザ・プレゼンパート7 ホテルオークラ神戸様③



水魚乃交ファンの皆さま、こんにちわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をお愉しみいただきどうもありがとうございます。

本日のトップ画像もど~んとホテルオークラ神戸様です。
https://www.kobe.hotelokura.co.jp/

ホテルオークラ東京様は本館の建て替え工事が進んでますが、こちらのようなタワーホテルにされるのだとか。建て替え後も素晴らしいホテルになるでしょうね。

さて、前回の続きです。

プレゼンの最後に現場の皆さんへの説明会を提案した㈱ペニーソラ京都の安田社長、お約束した日にとんでもない大失態をやらかします。

プレゼンに参ったのが2月7日、その後説明会のお約束を2月24日の14時で決めていた。しか~し、安田くんは2月20日にインフルエンザにかかりダウン・・。

えらいことをやらかしてくれました(笑)。

私のところへ連絡があったのが2月21日・・、安田くんは「えらいことです・・、ボクの責任としてお詫びに行きます」と蚊が鳴くような声で・・(笑)電話をして来た。しかしこの位でへこたれる安田くんではない。彼はピンチをチャンスに変えていたのだ。この講習会責任者様に電話でお詫びをした後は、〇〇〇〇〇したのだとか・・。この〇〇については後日にご報告させていただきます(笑)。

安田くんは「間人の海より深く深く反省しとります」とインフルエンザにかかってしまったことを悔やみ反省したふりをしていたことをご報告し本日もこの辺で失礼を致します。

水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 




  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年02月09日

ザ・プレゼンパート7 ホテルオークラ神戸様②



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像も神戸三宮のランドマーク「ホテルオークラ神戸様」https://www.kobe.hotelokura.co.jp/です。
最上階にあるレストランからの眺めは最高ですよ。

さてさて、昨日の続きですね・・、緊迫し張り詰める空気(大袈裟な笑)

皆さまは試飲されたあと・・、「納得」「目が大きくなる」「頷く」「無表情」と様々でした。
そしてここで料飲課長様が「私は亀岡の出身なのですが、知り合いに酒蔵がいて、彼曰く、水魚乃交は京都ホテルオークラでした飲めないらしいと聞かされていた」と。それを聞いて笑みを浮かべる安田くん。私は皆さまの言われることをしっかりと聞くのが精一杯でした。

と、前回はこちらまでご報告させていただいております。

1時間のプレゼンが終わり料飲部長様から「前向きに検討します」とのお言葉をいただくが、安田くんは「現場の皆さまにこの酒についてレクチャーをする機会をいただけませんでしょうか?」と。
私は「安田くん、何を言っているのだろうか」と心で呟いていたら、料飲課長様からは「そうですね、弊ホテルでは毎週勉強会をしているのでそちらでお願いします」との返答が。なるほど・・、京都ホテルオークラさんで行った試飲会みたいなものだなと理解出来ました。
しか~し、この試飲会は安田くんの大チョンボでえらいことになってしまうのです・・。この続きは次回ということで(笑)。


その後皆さまにお見送りいただき大都会・神戸をあとにするのであった。

水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 

  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン