京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ


2018年01月12日

ザ・プレゼン パート5 ホテルオークラレストラン様(名古屋)②



水魚乃交ファンの皆さま、こんばんわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
トップ画像はホテルオークラレストランhttp://www.hotelokuranagoya.com/(名古屋)様の
バーコーナーと鉄板焼き「さざんか」http://www.hotelokuranagoya.com/sazanka/です。

昨日から東京で今帰宅しましたが、グランドニッコー東京台場様
https://www.tokyo.grand-nikko.com/より
本当に嬉しいお返事がいただけて有頂天になっていますので(笑)連日のブログアップとなります(大笑)。

昨日は15時よりグランドニッコー東京台場様で購買部長様や上席支配人様らとお会いしました。こちらでも本当に丁寧なご対応をいただきましたが、一流ホテルの皆さんのホスピタリティ精神の高さには驚かされます。本当に見習うべきことばかりでした。


さて、前回の続きです。

水魚乃交をストレートとロックでのテスティングが始まりました。
皆さんが口に含む瞬間の表情を凝視しながら我々も飲みます。眉間にしわが入る方、驚いた表情の方、そして笑顔になる方々と
様々なリアクションを見ました。㈱ペニーソラ京都の安田社長は「皆さん、如何でしょうか?」と聞くと、サービスマネージャーから
「とても美味しいですね。ただうちにはきちんとしたバーがないから売り難いと思う」と。安田くんは「京都ホテルオークラ様の鉄板焼や
中国レストランでも好評を得ております。現物を協賛しますので是非ともテストマーケティングをお願いします」と。すると幹部の皆さん
は「テストマーケティングをしてみて採用かどうか決めましょう」ということでまとまりました。
繰り返しになりますが、この1時間は久しぶりに脇に汗をかいてしまった。あっ、これはプレゼン前に「脇を締めていきますよ」と安田くんが言ったためにずっと脇を締めていた結果かも知れません(笑)。

こうして京都への新幹線の中で反省会を。安田くんは「良い返事が貰えるよう再度お願いしてみます。」と。

そして・・、それから28日後に採用とのご連絡をいただき、再度ご訪問、最終のお打ち合せを行いました。この打ち合わせ後は当然ながら丹後に帰ってから祝杯をあげたことをお伝え致します(笑)。

名古屋様の導入が決まり納品が終わった12月の半ばのこと、「安田くん、ちょっと休憩せんか?ペースが早いからついて行くのが大変
だど。」と言うと、「はい、今年はもうプレゼンは終わりです。」と。それを聞いてホッとしていると、いやいや、ではなくて「今年は半月しかあらへんわな」と言おうとした瞬間に、「来年早々にホテルオークラ神戸様へのプレゼンを予定してください。すでに根回しに動いてます」とは安田くん。

「おいおい、おみゃ(君)は何もん(者)だいや。」と言うと、「ええもん(良い者)ですわな。」とは安田くん。

本日最後に意味不明な・・、くだらない会話を失礼しました。

皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 20:04Comments(0)ザ・プレゼン

2018年01月11日

ザ・プレゼン パート5 ホテルオークラレストラン様(名古屋)①



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をお愉しみいただきどうもありがとうございます。

これから丹後を出て京都駅で㈱ペニーソラ京都の安田社長と待ち合わせです。10時半の新幹線で東京へ行くのですが・・・、
実はオークラニッコーホテルズの最高峰である「グランドニッコー
東京台場」様との最終打合せに参るのです。安田くんは知らぬ間にこちらにも接近していた(笑)。

  「わしゃ、ほんまにびっくりするどいや!」


さて前回の続きとなりますが、本日はホテルオークラレストラン(名古屋)様http://www.hotelokuranagoya.com/へのプレゼンの様子をご披露いたします。

昨年の11月3日が決戦の日でした。この日も㈱ペニーソラ京都の安田社長が根回しをしてくれていた。

当日はお昼の新幹線で一路名古屋へ。名古屋駅から地下鉄に乗り栄に向かいます。安田くんは久しぶりの名古屋だったようで
感慨深げな顔をしていました。
そして14時半にホテルオークラレストランのある東海テレピアへ。

エレベーターでレストランのフロアーまで上がるのですが、エレベーターを降りるとそこは別世界・・。さすがにホテルオークラさんが経営しているレストランです。入口アテンドで当方の名前を出すとこれまたさすがの対応、これこそが富裕層をお迎えになるホスピタリティですね。
バーラウンジコーナーで待機していると、安田くんの元上司になられる〇〇顧問がおいでになりました。さすがにホテルオークラマン、
”スカッと”されていた、安田くんと違って・・(笑)。

それからプレゼンのお部屋(中国料理桃花林個室)へご案内していただいた。そして続々とお集まりになる従業員の皆さん。
営業部部長様、管理部課長様、レストランサービスマネージャー様、宴会サービスマネージャー様、テレピア担当マネージャー様
また洋食料理長様、中国料理料理長様、そして安田社長の上司でもあった営業推進役と名古屋の幹部の皆さんが勢ぞろいでした。
緊張の頂点になる私・・、そしてその横で挨拶から始める安田社長・・、一通りのご説明が終わったあと、その場にいらした幹部の
皆さん全員で試飲をしてみようということになりました。

私と安田くんは目を合わせ「一緒に飲もうか」とアイコンタクトを(笑)。緊張が解けた瞬間でもありました。

この続きは次回へとさせていただきますがええですか(笑)?思い出すだけでも脇汗が出てきます(大笑)。


皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年01月07日

ザ・プレゼン パート4 粟田山荘様



水魚乃交ファンの皆さま、こんにちわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をお愉しみいただきどうもありがとうございます

さて、本日のトップ画像・京都ホテルオークラ別邸「粟田山荘」様http://okura.kyotohotel.co.jp/restaurant/awata/での
プレゼンの様子をご報告致します。

この日は忘れもしない10月23日、かなりの緊張をしながら現地へ向かいます。駐車場に車を入れ、その後立派な門構えを見て
「おっとろしゃ!」とは私。門を入ると石畳の通路とこれまた立派な庭が見えて「おっとろしゃ!」とは二回目の私。これは顧客様も
凄い方々ばかりで、弊社が水魚乃交を飲んでいただきたいお客さまともぴったしだろうと一人で納得していた(笑)。

そして玄関を入ると支配人と女将さんが迎えてくださり緊張もリミット超えの私。しかし安田くんは数度根回しで訪問しているようで
慣れたものでした。名刺交換をして別室へ。支配人のご案内により茶室や宴会場となる大広間や秘密の相談(笑)が出来そうな個室を
ショールームさせていただき、その後プレゼン会場へ。こちらでは
料理長がお待ちになられており、お茶とお菓子をご用意して
くださっていた。これが京都ホテルオークラ別邸「粟田山荘」のおもてなしなのか・・。本当に感動したことが思い出されます。

安田くんはいつも通り一通りの説明をし、次に私がこのお酒について熱く語ることになった。支配人、女将さん、料理長は真剣な
眼差しで私の話を聞いてくれていた。ここで支配人が「実は京都ホテルオークラのバーで既に試飲をして美味しいとくことを知って
います。また安田さんからも前から聞いていたのでこの場で採用することをお約束します」とこれまたありがたく嬉しいお言葉を
いただいた。さすがに安田くんです。ここまで話を進めてくれていたとは感動ものでした。あっ、また褒めすぎるとだめなのでこの
くらいにしときます。

ご対応いただいた皆さんには丁重にお礼を申し上げ、こちらを後にしました。

この日も丹後へ帰った後祝杯をあげたことをお伝えし、この辺で失礼を致します。

尚、粟田山荘様へは購買課との打合せが終了した11月半ばから販売していただいております。

皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 




  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 17:38Comments(0)ザ・プレゼン

2017年12月29日

ザ・プレゼンパート3 からすま京都ホテル様



水魚乃交ファンの皆さま、こんにちわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧賜りどうもありがとうございます。
本日のトップ画像はからすま京都ホテル様http://karasuma.kyotohotel.co.jp/のメインバー「アンカー」http://karasuma.kyotohotel.co.jp/restaurant/anchor/です。こちらでは店舗入口に水魚乃交ポスターをど~んと
ディスプレーしてくれています。

さて、本日はこちらへのプレゼンについてのお話しです。
昨年の9月13日にアポを取り、先方の料飲課長様とお会いすることになりました。安田くんの根回しもあり商談はスムーズに進みます。
課長様は採用にあたりメニュー作成、ポップを作成して欲しいということになり当方も快諾を。そして販売は販促品が出来次第という
ことになり、ビジネスパートナーであるシュンビンさんに早い対応をとリクエスト。その結果10月1日からの販売となりました。そして
その間はテストマーケティングということで原酒と25度をそれぞれ数本お渡ししてホテルを後にしました。京都ホテルオークラさんほどの
緊張感はありませんでしたが、やはりそれなりに緊迫した交渉であったことをお伝えしておきます。
安田くんは「販売までに現場の皆さんへのレクチャーをしておきます」と。さすがに現場を知っている安田くんですね。ぬかりがありません。

予定通りにプレゼンが終わり、丹後へ帰ってから仲間と祝杯をあげたことをお伝えしてこの辺で失礼を致します。

皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 

  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 11:06Comments(0)ザ・プレゼン

2017年12月09日

ザ・プレゼンパート2 オーソリティ様



水魚乃交ファンの皆さま、こんにちわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧賜りどうもありがとうございます。

本日のトップ画像はオーソリティカレッタ汐留店様のエントランス付近ですね。華々しく東京デビューを飾った水魚乃交です(笑)。
デビュー時のポスターは「京都ホテルオークラでしか飲めない」がキャッチコピーに使われています。実はこちらのポスターも
㈱ペニーソラ京都さんに丸投げ・・、そうです、弊社では出来っこないものは全て丸投げなのです(笑)・・、あれっ?弊社は何も
貢献してない?いやいや、プレゼンに全力をという安田くんのこうじゃげな(生意気な)言いつけではなく提案があり私は仕方なく
従っていたのです、本当はそれしか出来なかった。その代わり全てのプレゼンを成功させていますので良しとしておきます(笑)。


さて、前置きが長くなりましたが、東京の一流ショップ「オーソリティカレッタ汐留」様へお願いにあがったのが2月22日の寒い寒い日の
ことでした。店長とお約束をして店内で交渉をした。店長は味見をしてから社内で検討しますとの返事。この時にも何時になるのか
分からないとのことだった。店内を見ると本当の多くの種類の酒がある。そして次から次へとメーカー、酒蔵の営業マンが自慢の酒を
持ち込み商談をされていた。これでは新商品を選ぶことだけで多くの時間を費やすだろうと感じていた。約30分の交渉が終わり安田
くんと反省会を。彼は「プレスに間に合ってくれれば良いのですが」と繰り返し言っていた・・。そしてその後新幹線に乗り帰京するので
あった。

嬉しいお返事をと期待し首を長くして待つ日が続きます。3月に入っても音沙汰無し・・、私はペニーソラさんに「返事はまだです
かね?」と効くと、「プレゼン当日に見たようにオーソリティさんへは毎日全国の焼酎、日本酒等のオファーが続いています。
それほどのショップだということを覚えておいてください」とこうじゃげに(生意気)に言うのは相変わらずの安田社長(笑)。しかし
朗報を待つ期間が本当に長くて胃が痛くなりました。

その後3月中旬にそろそろかなと思いオーソリティ店長様に電話を入れお伺いすると「まだです。」とのご返事・・、ズルッと滑り落ちる
私・・・。このような状況が3月と4月に数度ありその度に扱ける私・・、そして5月に入ります。ここまで来たら諦めるしかないのかと独り言
を言いながら田植えの準備をしていたら私の携帯が何故かいつも
より大きな音で鳴った。この音に驚いて携帯を落としてしまい、
携帯が割れたか・・といらない心配をしてその電話に出たらその
相手こそがオーソリティ店長だった。店長は「採用が決まったから
都合の良い日に上京してください」と。この時の私はガッツポーズ、安田くんに相談する度に同じ返事ばかりだったので、一人で
考え込んでいたから本当に嬉しかった。忘れもしない5月10日ことだった。それから安田くんと相談し5月26日に上京、自慢の化粧箱
に入れた水魚乃交と自慢のポスターを持ち上京・・、そして6月からの販売開始が決まりました。販売スタート時にはオーソリティカレッタ
汐留店様には本当にお世話になりました。トップ画像にありますように特等席をご用意くださり販売に力を入れていただきました。


この場をお借りしまして・・、「オーソリティ社長様、バイヤー様、カレッタ汐留店長様、その節は本当にありがとうございました。念願で
あった東京デビューが叶い、そのお陰でこれまでの展開でこのうような結果が、成功があるように思います。現在も販売促進には力を入れていただいており感謝の気持ちでいっぱいでございます。引続きどうかよろしくお願い申し上げます!」


㈱ペニーソラ京都さんでは化粧箱のデザインで喧々諤々と議論を進めていた。そしてオーソリティさんでの採用が決まってからは
急ピッチで仕上げにかかったということです。それから要らない情報だと分かりつつ・・「かなりの高額な箱」となりましたことをお伝え
して本日はこの辺で失礼を致します。
また本日はこんなに長い文章になりましたので少しブログを休ませていただきたいと思っておりますが・・・、それでもまた明後日くらい
にアップされましたら、それは面倒な人からの、安田くんですが、
彼からの圧力があったとご理解ください(笑)。

あっ、そうだ、今後に於いてこのカテゴリー(水魚乃交誕生秘話)ではプレゼンに行く前、戦略を練る様子をご披露する予定にしております。
そして実際に全国のオークラ様等へ訪問する様子は「ザ・プレゼン」のカテゴリーにてお知らせ致しますのでよろしくお願い致します。


水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 
  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 11:26Comments(2)ザ・プレゼン

2017年12月03日

ザ・プレゼンパート1 京都ホテルオークラ様②



水魚乃交ファンの皆さま、こんにちは。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきどうもありがとうございます。

本日のトップ画像は京都ホテルオークラ様です。(http://okura.kyotohotel.co.jp/)広々としたロビーは圧巻ですよ。

さて、前回の続きになります。

先ずは㈱ペニーソラ京都の安田社長が司会進行と共に挨拶を済ませます。その後私からは「京都丹後米コシヒカリについて」「誕生に
至るまでの想い」「京都ホテルオークラさんでどうしても採用して欲しい理由」をしっかりと説明させていただいた。そして此の友酒造
木村社長には「米の削りや蒸留の仕方」「この素晴らしい味が出るまでの苦労」「お酒を造るにあたっての想い」についてお話しをして
いただきました。
その後は質問を受け付けるのですが、安田社長の司会進行が下手なのか(笑)皆さん無言・・(笑)。安田社長はどうもしやにゃで
(仕方がないので)とばかりに質問者を指名していた。味については現場の皆さんから「美味しい」とのお言葉をいただけたので
ホッとする私・・。しかし味の評価について悪く言う人がいないので逆に心配になる私・・。
こんな案配で1時間のプレゼンが終了しました。試飲して貰った現場の皆さんにお礼を言い終了したのが16時でした。そして
お世話いただいた料飲課長様と企画課長様には「前向きなご検討をくれぐれもよろしくお願いします。」とご挨拶をしてホテルを出た。
その後二条駅の喫茶店で反省会を・・。
私と木村社長は、あの程度で大丈夫なのだろうかと心配していたら、「テイスティングシートを見てください。皆さん言葉では表現しな
かったが、しっかりと本音を書いてくれていますよ。」とは安田社長。それを見ると少々厳しい意見も含めて本音が書いてあった。
安田社長曰く「これこそが私の狙いであり、このシートを持って最終打合せをしてきます。期待してください。」と。
なるほど・・、プレゼンとはこういうものなのか・・。シートによって若い現場の方々の意見を取り入れることが出来る。そして安田社長は
「このお酒を彼らが売りやすくするためのセールスフレーズあるいはセールストークの提案までしてきます。それがプレゼンの醍醐味
ですよ。」ということでした。

私と木村社長は京都ホテルオークラさんに採用されることを願い京都をあとにしました。

そして半月後に採用をとの本当に嬉しい知らせが届きます。この時の喜びは今でも忘れることが出来ない・・。本当に嬉しかった・・。
京都ホテルオークラ様に感謝し、㈱ペニーソラ京都さんに感謝し地元で祝杯をあげたことをご報告しておきます(笑)。

その後再度京都ホテルオークラ様に出向き購買課課長様と最終の打合せをし、4月1日から販売していただけることになりました。

下の画像は水魚乃交販促にご協力いただいている京都ホテルオークラメインバーのチッペンデールです。
http://okura.kyotohotel.co.jp/restaurant/chippendale/





それでは・・、本日もこの辺で失礼を致します。
水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 
  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 16:08Comments(2)ザ・プレゼン

2017年12月02日

ザ・プレゼンパート1 京都ホテルオークラ様①



水魚乃交ファンの皆さま、こんにちわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛飲いただきどうもありがとうございます。

本日のトップ画像は京都ホテルオークラ様でのプレゼンの様子です。http://okura.kyotohotel.co.jp/

決戦の月曜日(笑)、2月15日にプレゼンと試飲会が決まります。
当日は此の友酒造http://konotomo.shop-pro.jp/?mode=f2の木村社長と共に説明に行きました。
14時に2階バー「チッペンデール」で待ち合わせをしたのですが、到着すると京都ホテルオークラさんの料飲部課長と㈱ペニーソラ
京都の安田社長がバーエントランスで待っていてくれました。
バーで飲物を注文したあと、此の友酒造の木村社長、㈱ペニーソラ京都の安田社長、そして私とで最終の打合せを行います。
あっ、この時に円陣は組んでませんのであしからず←意味不明です、野球の試合前でもないのに(笑)、大変失礼を致しました!

安田社長は「いいですか、ここまで来たら負けられません。何としても採用を決めて貰わなくてはなりません。お渡しした資料の通り
しっかりとご説明ください」と。此の友酒造の木村社長は少々緊張気味でしたが私はそれ以上に緊張して、いや、気合が入っていた。
そして約束の時間が近づき会場である17階の「オリゾンテ」へ向かいました。到着すると、多くのスタッフの皆さんがグラスを並べたり
資料を置いたりと懸命に作業されていた。本当に感謝しながらその様子を見ていたら・・、えらい大きなお部屋を用意してくださっている
ことに気がつきました・・。椅子の数を数えると28脚もあるではないか・・。ここでまたもや力が入ります。そんな私を見た安田社長は
「岡田先輩、水魚乃交の原酒をストレートで飲んどきましょうか?」とぬかした(笑)。大仕事が待っているというのにのんびりと構えている
安田社長は噂通りの天然だ・・・(笑)。

定刻になり続々と集まる現場従業員の皆さんです。そして安田社長司会のもとプレゼン&試飲会が始まりました。下の画像がその
模様です。





本日も予定の文字数に達してしまったためこの辺で失礼を致しますがええですか?

皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 




  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 15:51Comments(4)ザ・プレゼン