京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ


2018年04月22日

ザ・プレゼンパート12 ホテルオークラ新潟様




水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像はホテルオークラ新潟様の
http://www.okura-niigata.co.jp/
バーエジンバラのエントランスです。
http://admin.kyo2.jp/admin/entry

ホテルオークラ新潟様には㈱ペニーソラ京都の安田社長が単独でお邪魔しています。最初は世間話程度と言っていたが、いやいや先方は管理本部長様や料飲部長様、和食マネージャー様とお越しになり熱いお話しになったようだ。

㈱ペニーソラ京都の安田社長は初めての上越新幹線に乗り嬉しげに訪問していたのだそうだ(笑)。

以下は安田くんから貰った文章を貼り付けておきます。

当日は東京駅に着くと上越新幹線に乗り換え新潟へ。
ホテル到着は12時でした。やはりこちらでもチヤーシュー入り汁そばを食べなくてはと桃花林さんへ。安心の汁そばでした。何処で食べても同じ味で感動しました。
そしてお約束の14時に1階ロビーで待っていると管理本部長様がお出迎えと恐縮しきりでした。管理本部長様のご案内で役員室へ。少しビビッている私です。ご案内された部屋で待機していると料飲部長様と和食マネージャー様がお越しになりお三方への説明が始まりました。一通りのご説明をしたあとやはりこちらでも試飲をしていただきました。お味は満足していただきたが、やはりオークラ新潟様としては「京都の米焼酎を売る理由がない」ような雰囲気・・。しかしこれは想定内であり当然のお言葉です。それから「〇の〇〇〇〇〇」としてと提案した。すると料飲部長様が反応してくださり後日メールでのやり取りをお約束して下さった。本当にありがたいお言葉でした。


安田くんの文章からもかなりの苦戦が感じ取れますね。その後料飲部長様とのやり取りからバーエジンバラ様での販売を決めて下さったと大喜びで報告してくれた安田くん・・、少しだけ見直した一瞬です(笑)。

それでは甚だ簡単ではございますが本日もこの辺で失礼を致します。


水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 




  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年04月06日

ザ・プレゼンパート11 オークラフロンティアホテルつくば様①



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像はオークラフロンティアホテルつくば様の
https://www.okura-tsukuba.co.jp/
レストラン、中国料理「桃花林」です。
https://www.okura-tsukuba.co.jp/restaurant/tohkalin/

さて、㈱ペニーソラ京都の安田社長と八条口で9時に待ち合わせ、9時18分の新幹線で東京へ、そしてつくばエキスプレスでつくばまで参りました。私は京丹後市役所時代(農業を憂い早期退職をしている)に商工観光部長をしていたこともありつくばには何度か足を運んでいました。秋葉原で乗り換えをしようと歩いていると後ろから「よう道を知っとんなりますわな」とは安田くん。その声を無視して歩いていると、足の長さが違うのか直ぐに追いつかれ再び「よう乗り換えを知っとんなりますわな」とアゲイン(笑)。私はその説明をするのが面倒なので「勘だ!」と一言。安田くんは疑う様子もなく「そうですきゃ」と(笑)。やはり安田くんは悩みのない幸せな奴なんだなぁと再確認していました。

そしてホテルには13時に到着。安田くんは当然のように桃花林さんに入って行きます。そしていつものものをオーダーしていた。私もオークラ様のチャーシューの薄切り汁そばにはまってしまっていてこの頃から楽しみになっていました(笑)。
そして食事をしながらプレゼンについてのミーティングをした後14時25分にフロント前まで行きました。
料飲部長様は既にフロント前ロビーにアテンドされていて、安田くんとにこやかにご挨拶をされていました。そして安田くんから紹介された料飲部長様、やはり流石のオークラマンです。素晴らしい笑顔で対応してくださった。本当にホテルオークラ様は凄いと感心していたことを思い出します。

料飲部長様のご案内で最上階のプレゼン会場へ。


前半でしょうもないことばかり書いていたら文字数が大幅に超えてしまいましたのでこの続きは次回にさせてくださいませ。


水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 

  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年03月25日

ザ・プレゼンパート10 ホテルオークラ札幌様③



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像はホテルオークラ札幌様
https://www.sapporo-hotelokura.co.jp/
宴会場でのプレゼンの様子です。
https://www.sapporo-hotelokura.co.jp/party
プロフィール写真と重なり申し訳ございません。プレゼン中写真を撮りまくっていた㈱ペニーソラ京都の安田社長から送って貰った写真なのですが、今回に間に合うよう別の写真を送ってくれるようしつこく言ったにもかかわらずかたってくれない安田くん、結局同じ写真になりましたことをお詫び申し上げ、安田くんが悪いのだとお知らせする次第でございます(笑)。

さて、本当に多くの皆さまにお集まりいただき緊張しながらの説明会が始まります。
安田くんは最初に挨拶をして簡単に説明をしただけで、あとは私に丸投げ・・、「ええ加減にせぇよ」と言おうとしたらさっさと立ち上がり先ほど言いましたように写真を撮りまくっていた。私はお話しをしながら安田くんと目を合わそうとしたが、彼はそ知らぬ顔であげくの果てに一番後ろに座ってしまった(怒)。何ちゅう奴っちゃ(笑)。

私からの説明が終わると総料理長様から多くの質問をいただきました。そして洋食堂の「レストラン コンチネンタル」様でもオンリスト
してくださった。
https://www.sapporo-hotelokura.co.jp/restaurant/continental

「総料理長様、今更ながらその節は本当にありがとうございました。」

そしてほぼ終わりかけた頃に席に戻ってき安田くんは副総支配人様と総料理長様に「何時までお仕事ですが?終わってからバーで一杯いかがですか?」ともう酒を飲むことを考えていやがる。まったく天然というか悩みがないというか、たまに羨ましくなるような性格をしている㈱ペニーソラ京都の安田社長です(笑)。

こうしてホテルオークラ札幌様でも採用してくださり、感謝感謝で京都へ帰るのであった(笑)。

あっ、この日は札幌に宿泊、二人してしこたま水魚乃交を飲んでしまったことをご報告しこの辺で失礼を致します(笑)。


水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 





  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年03月23日

ザ・プレゼンパート10 ホテルオークラ札幌様②



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像はホテルオークラ札幌様
https://www.sapporo-hotelokura.co.jp/
中国レストラン「桃花林」様です。
https://www.sapporo-hotelokura.co.jp/restaurant/tohkalin

こちらが前回話していたとても美味しい料理を提供してくれる「桃花林」様です。


さて、本日は真面目にご報告を致します(笑)。

昼食後に1階ロビーに上がり、そこで副総支配人様と名刺交換をさせていただきました。そして彼のご案内で地階宴会場へ。そこに到着して先ずは企画広報課長様、管理副課長様(購買)、企画広報課担当者様がお待ちになられていました。あれっ・・、プレゼンの前に採用が決定していたようで私は小さくガッツポーズを(笑)。皆さんとはメニューでお使いになる画像データについて、また仕入れについてと約30分のお打ち合わせをさせていただきました。やはりこちらでも流石のオークラマンでした。本当に丁寧なご対応で頭が下がりテーブルにぶつけてしまうほど・・(笑)。

そして説明会が始まります。こちらでもスクール形式できちっとセッティングがしてありました。㈱ペニーソラ京都の安田社長はいろいろな角度から、また頷きながら写真を撮っていた。このように整然と並べられたテーブルと椅子を見ると気持ちが良いものですね。「京丹後市のホテルや旅館も勉強して欲しい」と・・、これは安田くんが言っていたことですがやはりこちらも激しく同意するものであります。

総料理長様をはじめ、続々と会場に入って来られる従業員の皆さま、私はかなり緊張をしていたことをご報告し続きは次回とさせていただきます。


水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年03月21日

ザ・プレゼンパート10 ホテルオークラ札幌様①



魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像はホテルオークラ札幌様でのプレゼンの様子です。
https://www.sapporo-hotelokura.co.jp/

当日は丹後を早朝に出発して伊丹空港へ、そして㈱ペニーソラ京都の安田社長とは10時に待ち合わせをしました。安田くんは「今日はANAですか、良かったです。先月はPEACHだったのですが足の長いボクには限界を超えていてなんたら症候群になりそうでした。」と。彼は高所恐怖症ですので、機内では広い額に汗し、手は汗を握り締め、そしてエコノミー症候群になりながら固まっていたのだ(笑)。これは下血した罰を受けていたのだと確信する私はそんな彼の言葉を無視し空路札幌へ向かうのであった(笑)。

10時55分のフライトで札幌には12時15分に到着しました。新千歳空港かJR札幌駅までは30分ほど、そして地下鉄に乗り換えてホテルに到着します。到着後は中国レストランで「細切りチヤーシュと葱の汁そば」をいただきました。余談ですが、私らはこの汁そばを各オークラ様で必ず食べています。ホテルオークラグループ様では何処でも安心して食事が出来るが、この汁そばを提案したのは安田くん。彼は学生時代名古屋のホテル学校へ通っていたそうだが、この時にアルバイトでお世話になったのがホテルオークラレストラン様でした。安田くんはオークラレストランで食べたこの汁そばが美味しくて忘れられないと必ず食べようと私を脅迫してくる(笑)。いや、私も彼の意見には激しく同意するものでありますので毎回楽しんででおります。

今日はいらぬ話しが多く、いやほとんどですね・・。しかし予定の文字数に達しておりますのでこの辺で失礼をさせていただきます。


水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 

  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年03月01日

ザ・プレゼンパート9 オークラアクトシティホテル浜松様(番外編)



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップはオークラアクトシティホテル浜松様、
https://www.act-okura.co.jp/
ホテル内のスカイレストラン「パガニーニ」様です。
https://www.act-okura.co.jp/restaurant/paganini/
こちらのマネージャー様にも大変お世話になっております。

本日は番外編としまして、私がお邪魔する前に動いていた㈱ペニーソラ京都の安田社長からのテキストを貼り付けたいと思います。

以下がそのテキストです。

「当日ホテルへ到着すると料飲課長様とパガニーニマネージャー様がロビーで待機していてくれました。その後説明会場となるスカイレストラン「パガニーニ」様へ。会場でお二人に一通りご説明をした後、現場の皆様を待っていました。会場にはバーマネージャーを筆頭に和食、鉄板焼、中国料理と多くの現場の皆様にお越しいただいた。そして現物の試飲をしながら農家と酒蔵と造り手の想いをお知らせした。またその後は資料を配布しこのお酒の素晴らしさの説明をした。
バーマネージャーは非常に興味を持ってくださり、またパガニーニマネージャー様もバーコーナーで出せると嬉しいお言葉をいただきました。あと鉄板焼の皆様の試飲後の感想も非常によいものであり嬉しくなった。
その後は各レストランマネージャーとお話しをさせていただきセールスフレーズ等をお知らせ、そしてバーでのテストマーケティングをお願しました。」

というものです。

安田くん一人で全て行っていたのでかなりの力仕事となったことでしょう。

このテストマーケティングから数週間後には正式にお取引きをとの連絡をいただいたようでした。

本日は盛り上がりに欠けましたが(笑)、この辺で失礼を致します。


水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 

  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年02月27日

ザ・プレゼンパート9 オークラアクトシティホテル浜松様②



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像も当然ながらオークラアクトシティホテル浜松様です。
https://www.okura-nikko.com/ja/japan/hamamatsu/okura-act-city-hotel-hamamatsu/
こちらの画像はまさに浜松駅からホテルに向かい歩いていく景色ですよ。

ホテルロビーに到着すると料飲課長様はにこやかな表情でお待ちになられていました。料飲課長様もそうですが、彼の近くでアテンドされていた方・・、こちらでも感じることは流石のオークラマン、名札をしていなくてもホテルマンだということが直ぐに分かる。

㈱ペニーソラ京都の安田社長は面識があるので料飲課長様に対しちょっとにこやかに(笑)挨拶をしていました。そして私を紹介、やはり丁寧なご対応・・、やはりホテルオークラは凄い・・、「おみゃは誰だ」というようなお顔はなさらない(丹後の事業所ではこの当たり前のことが出来ない人をよく見る笑)。

そして別室へ向かいコーヒーをご馳走になりながら待っていると、企画課長様と購買係長様がお出でになりました。今回も採用が決まっていて尚且つ説明会も安田くんが済ましていたので「余裕のよっちゃん」とまではいきませんがリラックスをしながら打ち合わせが出来た。

こうしてオークラアクトシティ浜松様での交渉が終わり販売をしていただけることになりました。

本日もご静聴をありがとうございました(笑)。

水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 



  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年02月25日

ザ・プレゼンパート9 オークラアクトシティホテル浜松様①



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像はオークラアクトシティホテル浜松様です。
https://www.act-okura.co.jp/

以前申し上げましたが、こちらへプレゼンに行く前にはしっかりと根回しをしていたのが㈱ペニーソラ京都の安田社長。インフルエンザで私に迷惑を掛けたと罪滅ぼしのつもりだったのでしょう(笑)。彼は一度浜松様へ行き管理部長様と世間話?をしていましたが、以降再度訪問して料飲課長様とレストランマネージャー様に会っていたという。そして現場の皆様への説明会も終えていたのだとか。
全く・・、誰に断って店を出している・・、間違えた・・。誰に断って訪問したんだと叱っちゃろうかと思いましたが、そんなことを言うと反撃をくらうのでやめておきました(笑)

ということで、採用を約束してくださっていたので、福岡様と同様に気持ちに余裕を持ちながら訪問させていただくことになる。この時は少しだけ「安田くんはええ男だ」と思っていたこともご報告致します(笑)。

今更ながら思い出すと・・、この頃は本当に忙しかった。オークラ福岡様へお邪魔し、数日後髙島屋の試飲販売、そしてこの日のオークラ浜松様へ訪問・・、しかし全てに成果が出て忙しい中でも最高の1週間となりました。しか~し、この忙しさ以上に動いていた安田くんは事件を起こす・・、病気になってしまったのだ。あっ、浜松様に関係のないことで失礼を致しました。


浜松駅に到着後、徒歩3分の「オークラアクトシティホテル浜松」様、画像にのありますように流石の貫禄です。


宴たけなわではございますが←意味不明(笑)、今日も文字数が達してしまいましたので、この続きは次回でお知らせ致します。

水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年02月19日

ザ・プレゼンパート8 ホテルオークラ福岡様③



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像はホテルオークラ福岡様内の
https://www.fuk.hotelokura.co.jp/
ラウンジ&バー はかたがわ様と
https://www.fuk.hotelokura.co.jp/restaurant/guide/hakatagawa
中国料理「桃花林」様です。
https://www.fuk.hotelokura.co.jp/restaurant/guide/tohkalin#dim

水魚乃交を販売してくださっている場所で食事に行けてないところが中国料理「桃花林」様です。次回フォローに参りました時には是非ともお邪魔したいと思っています。

さて、前回の続きです。

説明会が終わり、バーで一服していました。㈱ペニーソラ京都の安田社長が京都駅からの車の運転でビールを飲まないというものだから、先ほどまでの説明会での興奮が一気に冷めてしまっていた(笑)。

バーマネージャー様は上司の次長様をご紹介してくださったりと本当にお世話になりました。

安田くんは長崎の方を見ながら「あちらの方向にはオークラハウステンボスさんがあります。」とボソリ・・・、おいおい、ほんまにやる気満々だなぁ・・。またまたこのスピードについて行けるのだろうかと不安になりながらホテルオークラ福岡様を失礼しました。

これで採用して貰ったオークラ様は
京都ホテルオークラ様
http://okura.kyotohotel.co.jp/
からすま京都ホテル様
http://karasuma.kyotohotel.co.jp/
粟田山荘様
http://okura.kyotohotel.co.jp/restaurant/awata/
ホテルオークラレストラン(名古屋)様
http://www.hotelokuranagoya.com/
ホテルオークラ神戸様
https://www.kobe.hotelokura.co.jp/
ホテルオークラ福岡様
https://www.fuk.hotelokura.co.jp/
と4府県6ホテルとなりました。

次はオークラアクトシティホテル浜松様へのプレゼンとなります。ご静聴ありがとうございました(笑)。

それではこの辺で失礼を致します。

水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 




  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年02月17日

ザ・プレゼンパート8 ホテルオークラ福岡様②



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像はホテルオークラ福岡様内の
https://www.fuk.hotelokura.co.jp/
レストランで鉄板焼「さざんか」様
https://www.fuk.hotelokura.co.jp/restaurant/guide/sazanka/
と和食堂の「山里」様です。
https://www.fuk.hotelokura.co.jp/restaurant/guide/yamazato/

前回お邪魔したのが「山里」様、そしてフォローに一度出向いた時には「さざんか」様にお邪魔しました。どちらも素晴らしいレストランですよ。料理が良いのはもう当たり前の時代ですが、やはりこのホスピタリティはオークラマンとしてのプライドでしょうか。

さてさて、前回の続きです。
バーマネージャーのご案内で宴会場まで。そしてしっかりとセッティングされた説明会会場、流石のホテルオークラ様ですね。テーブルも真っ直ぐに整然と並べられ、クロスの貼り方もバッチリ・・でした。この見立ては実は安田くん、元ホテルマンの血が騒いだのでしょうか、それとも粗探し?(笑)

15時から説明会が始まりましたが、各レストランのマネージャー以下現場の皆様で場内は満席となります。

安田くんはいつも通りの説明のあと、私の出番・・、この日は数名が本当に真剣に私の話しを聞いてくれていた。その内の一人が鉄板焼のマネージャーでした。説明会が終わった後名刺交換をしたのですが、たくさんの質問もいただき「売ろうとする姿勢」が見えた。

説明会が終わり再びバーへ戻りカウンターへ座りビールでも飲もうかと安田くんに言うと、「いや京都駅まで車で来ていますのでアルコールはやめときます」と顔に似合わない言葉を(笑)。

今日はこれから業務多忙でございますので、この辺で失礼致しますがええですか?この続きは次回にお知らせ致します。

水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 







  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン