京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ


2018年01月20日

水魚乃交誕生秘話パート17



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像はど~んと・・、ホテルオークラ札幌様です。
https://www.sapporo-hotelokura.co.jp/
こちらの副総支配人様はユーモアたっぷりの大人物、弊社は大変お世話になっております。


さて、前回の続きになりますが、冗談ばかりで終わった前回・・・。

もう一度振り返ってみると・・、

①秋を目処に全国の主要オークラ様(11都道府県)へプレゼンに行く。
②年内に安田社長が惚れこんだグランドニッコー東京台場(オークラ二ッコーホテルズ)様へプレゼンに行く。
③京都での小売が必要になるので春を目処に髙島屋京都店へプレゼンに行く。
④全国のオークラグループ様で採用していただけるという前提となるが、その顧客様が購入されたい時に対応出来る販売サイトを構築する。
⑤販売する場所として「日本一」の場所へプレゼンに行く。

     こんなロードマップをどうやって実現させるのか・・、

㈱ペニーソラ京都の安田社長は「人柄でしょうで」という言葉には飽きたのか(笑)、今回彼は「また強えぇ味方が出来ただぁな。やっぱり
一生懸命にしとるとどんどん味方が出てきますなぁあ。真面目に一生懸命にしとると誰なっと見とる証拠ですわな」とは安田くん。

私は「その強えぇ味方いうんは誰だ?」と聞いたのですが「それはここで言えんわな。京都ホテルオークラさんのバーで水魚乃交を飲みながらだったら口が滑らかになるで言えますで!」と。

たまたまこの会話が京都市内だったためその夜に京都ホテルオークラさんに連れて行くことになった。安田くんは水魚乃交原酒を飲みながら「実はホテル時代の先輩でHBA(ホテルバーテンダー協会)で顧問をしとんなる〇〇先輩と18年ぶりに会っただけど、「ここで会ったが100年目」と冗談を言うたら、わしがしとること(水魚乃交ブランディング)を知っとんなって協力しちゃる言うてくれたんですわぁ。それからもう一人、大きい声では言えんだけど、小さい声なら言えるけど、〇〇さんという大人物がおんなる。」と。

へ~、そんなこともあるのですね・・・。これまでから安田くんの人脈には驚かされることばかりでしたが、そんなに前の知り合いと18年
ぶりに会い、「ここで会ったが100年目」(笑)と言っただけで安田くんの意図することを理解されている。安田くんのような人はきっと周りを裏切ったことがないのだと思う。この1年半彼見ていてそう思うのです。それから〇〇さんという大人物とは・・、私にも紹介してくれたあの方・・、確かに彼は大人物だ!

ところで、先ほどから安田くんをちょっと褒めすぎて頭が痛くなりましたので(これは本当)、この辺で失礼致します(笑)。

水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 

  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 07:00Comments(0)水魚乃交ストーリー

2018年01月18日

水魚乃交誕生秘話パート16



水魚乃交ファンの皆さま、こんばんわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像は㈱ペニーソラ京都さんが2017年の春までに
と考えていたオークラアクトシティホテル浜松様https://www.act-okura.co.jp/です。

わしゃ、神戸様の次は浜松様とは・・、驚きでした・・。

さて、前回の続きです。冒頭申し上げた通りの順番でお願いにあがると言う・・。「おっとろしゃ!」です。

彼らの描いていたロードマップの精度を上げることとは・・・、
①秋を目処に全国の主要オークラ様(合計11都道府県)へプレゼンに行く。
②年内に安田社長が惚れこんだグランドニッコー東京台場(オークラ二ッコーホテルズ)様へプレゼンに行く。
③京都での小売が必要になるので春を目処に髙島屋京都店へプレゼンに行く。
④全国のオークラグループ様で採用いただけるという前提で、その
顧客様が購入されたい時の対応として販売サイトを構築する。
⑤販売する場所として「日本一」と冠のつく素晴らしい〇〇へプレゼンに行く。

最初にこれを示された時には言い方は悪いが・・・「ほんまかいな、
1年でここまで出来たら金一封をださないとあかん」と
誰にも聞こえないようにと呟いていた。その位とてつもにゃ(とんでもない)事と感じていたのですよ・・。

      ㈱ペニーソラ京都、恐るべし!

安田社長に「どのようにしてこれを達成するのか、そこまで言い切れる自信は何処からくるのか?」と聞くと、彼はまた「人柄でしょうで。」と惚けていた。しかし再度申し上げるが・・・、

それは絶対にありません、断言します(笑)!

ではこの続きは次回へといういことで、本日もこの辺で失礼を致し
ます。

水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 

  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)水魚乃交ストーリー

2018年01月16日

水魚乃交誕生秘話パート15



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトツプ画像はホテルオークラ神戸様https://www.kobe.hotelokura.co.jp/です。
こちらも本当に素晴らしいホテルですね。

さて、京都ホテルオークラ様、からすま京都ホテル様、粟田山荘様と京都での採用を決めていただいたあとは、名古屋の
ホテルオークラレストラン様へ参り採用をお決めいただけました。

前回にもご報告しましたこと、繰り返しになりますが・・、

私は「安田くん、ちょっと休憩しょうきゃ(少し休みましょう)!」と
言ったのですが、「はい、年内は終わりです。しかし次のアプローチ
については神戸様をリサーチしています」とは安田くん。「ちったぁ(少しは)ゆっくり出来んだか(出来ないのか)」と言いたく
なったのですが、「誰のためにしていると思っていますか?」ときつい一撃をくらわされるのでその言葉を飲み込んだ私。

暫く会議の場に出ることが出来ないほど多忙を極めていた私ですが、㈱ペニーソラ京都さんでの議論は休む暇なく進められていたの
です。

その間彼らは一度作っていたロードマップを、2017年度用にそのロードマップの精度を上げていたのです。
それも・・、題して「あっと驚く為五郎ロードマップ」を・・・(笑)。

では本日はこの辺で失礼を致します。

水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 07:56Comments(0)水魚乃交ストーリー

2018年01月09日

水魚乃交誕生秘話パート14



水魚乃交ファンの皆さま、こんにちわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をお愉しみいただきどうもありがとうございます。

本日のトップ画像は名古屋の「ホテルオークラレストラン」です。http://www.hotelokuranagoya.com/こちらは名古屋市中区のビルで営業をされております。

またまた知らぬ間にこちらへのプレゼンへと動いていた㈱ペニーソラ京都の安田社長。からすま京都ホテルさんと粟田山荘さんへの
準備を進めながらこちらへの根回しにも動いていたのだ。
安田くんは網野高校を卒業後、名古屋のホテル学校と調理師学校に通っていたそうだが、その時にお世話になっていたのがこちら
ホテルオークラレストランだったらしい。今から40年前・・・、3年間’(恐ろしく前になりますが笑)お世話になっていたことになります。
この時にいらした上司が一人顧問として残っていたというが、その方もよく安田くんのことを覚えていたものだと感心?したことが思い
出されます。こんなに前の人物を覚えているというのはかなり悪いことをしていたに違いありませんね。普通はいちアルバイトを覚えて
いる訳がない(笑)。

そんなことがあり安田くんの根回しが始まります。彼が行った根回しについては企業秘密と言って私にも教えてくれませんが、彼は
一言だけ「人柄でしょうで」とサラッとぬかしやがる(笑)。
 
 人柄?そんなことは絶対にありません


それではお後がよろしいようで・・(笑)、本日はこの辺で失礼を致します。

次回はこちらでのプレゼンの様子をご報告致します!

皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 07:59Comments(0)水魚乃交ストーリー

2018年01月05日

水魚乃交誕生秘話パート13



水魚乃交ファンの皆さま、こんにちわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をお愉しみいただきどうもありがとうございます。

前回の続きですが、このカテゴリーに入れるのはどうかなと思いながら書くことにします(笑)。

粟田山荘http://okura.kyotohotel.co.jp/restaurant/awata/

「青蓮院と地続きの粟田山の山裾、420坪の敷地に建坪150坪の二階建数寄屋造りの建物270坪の庭園を擁する粟田山荘は、昭和12年、西陣の織元細井邦三郎氏が建てた別荘が前身である。

贅を凝らした建物と庭園に注目される。
柾目の通った桧材を惜しげなく使い、数奇屋大工の冴えを見せる戸や襖のしつらえのよさに、よき時代の町衆文化の高さをしのばせる。
西陣織りで巨富をなした戦前の旦那衆の羽振りの程は、今日の尺度を巧みに生かして、鞍馬石や貴船石などの名石を配した見事な庭園である。
鎌倉時代の灯籠が目をひく。
松、まき、楓などの植栽は、さえざえと観る者の心を洗ってくれる。
粟田口は京の七口の一つである。
三条大橋を渡って、東海道の上り下りは、ここから始まる。
今の三条通は、明治になってから出来たもので、旧街道はその南一筋目、粟田山の麓にそう、ゆるい坂道がそうであった。
正しくは、三条白川橋に始まって、明智光秀の首塚がある梅宮社の前を過ぎ、蹴上に至る道筋であった。

知恩院から大楠が木の下陰をつくる青蓮院の前の通り、神宮道に向かってくだると、その旧街道と交叉する。
路傍に粟田口の石碑が見出せる。
旧街道をすこしのぼった右手に粟田神社の鳥居が見え、その手前に「京都ホテルオークラ別邸 京料理 粟田山荘」がある。」

四季の会席料理は味わいとともに、器との採り合わせや美しい盛付けにも定評があります。本格会席のほかお昼にはお弁当や
ミニ会席も用意され、食事会、接待、記念日、ご結納や祝宴とさまざまな場面で、京の風雅に溢れた極上のひとときを約束して
くれますよ。是非とも一度足を運んでいただけましたらと思います。


それでは本日は大人しく(笑)、この辺で失礼を致します。

皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 
  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 12:16Comments(2)水魚乃交ストーリー

2018年01月03日

水魚乃交誕生秘話パート12



水魚乃交ファンの皆さま、こんにちわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をお愉しみいただきどうもありがとうございます。

弊社の正月休みも今日まで。水魚乃交を飲みすぎて正月気分が
抜け切れませんがそろそろ仕事モードへと考えております。

さて、本日のトップ画像は京都ホテルオークラ別邸「粟田山荘」です。http://okura.kyotohotel.co.jp/restaurant/awata/

こちらの素晴らしさは実際に訪れないと分からない・・、本当に立派な料亭なのです。
実はからすま京都ホテルへのプレゼン時にはこちらへの根回しを始めていた㈱ペニーソラ京都さん・・、私はこの速いペースについて
行くことが出来ず「安田くん、たまには後ろを振り向いてくれんか!」とお願いしていた記憶があります。しかし彼はそれを聞こうとも
しないで次の話を始めていた。私はどうもしやにゃで(仕方がないので)追いつこうと必死のパッチであったことがいらん思い出として
未だに尾をひいています(笑)。

安田くんはこちらへのプレゼンとして粟田山荘支配人にあたりをつけ根回しを繰り返していたようだ。そして10月23日にプレゼンが
決まります。この時も私の都合など無視をして日程調整をしていたことは言うまでもありません(笑)。

次回はこちら「粟田山荘」の素晴らしさをお知らせしたいと思います。


それでは本日はこの辺で失礼を致します。

皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 15:44Comments(0)水魚乃交ストーリー

2017年12月28日

水魚乃交誕生秘話パート11



水魚乃交ファンの皆さま、こんばんわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧賜りどうもありがとうございます。
本日のトップ画像は京都ホテルオークラグループのからすま京都
ホテル様です。http://karasuma.kyotohotel.co.jp/

今日は水魚乃交誕生秘話へとお話しを戻します。


オーソリティカレッタ汐留店様での採用が決まり喜んでいましたが、㈱ペニーソラ京都では次への展開について再確認をしていました。
再確認というのは、彼らはすでにロードマップを完成しており、またそのロードマップは数種類が用意されていた。安田社長が言うには
一昨年の9月末から3月までの半年間であらゆる角度からリサーチして、壁を想定しながらのロードマップを数種類完成させている。
安田社長は、「こちらの案件は絶対に立ち止まることは許されないのです。3月からプレゼンに2社参りましたがすでに壁を一つ越えている。立ち止まることなくどんどんと進めたのはこれまでぶち当たった壁も想定内であり、対処法を用意していたからなのです。」と
こうじゃげに(生意気に)言っていました。

そして次にお願いにあがったのはからすま京都ホテル様です。

こちらのホテル様にも昨年の8月の末から安田社長が根回しを始め
ていましたが、今回もこちらの料飲課長様へのプレゼンから始めるとのことでした。京都ホテルオークラ様でテスト販売から5ヶ月が経ち、
こちらの従業員の皆さんは水魚乃交について認知されていた。
安田社長は9月13日に料飲課長様とアポを取りプレゼンを行うことになりました。この日も私のスケジュール等関係ないとばかりに
勝手に相手方とお約束をしていた。安田社長は相も変わらず
身体は細いですが・・、「ふてぇやろう」です(笑)。


それでは本日もちょうど良い文章の長さとなりましたので、この辺で失礼を致します。

水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 22:54Comments(0)水魚乃交ストーリー

2017年12月07日

水魚乃交誕生秘話パート10



水魚乃交ファンの皆さま、こんにちわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛飲いただきどうもありがとうございます。
本日のトップ画像もオーソリティカレッタ汐留店ですね。こちらは
汐留の電通ビルの地階にあり、富裕層の方々が買いに来られている。
日本全国の希少焼酎や日本酒の品揃えも凄い。また最近はワインの販売にも力を入れています。私は何度かこちらへ試飲販売で
お邪魔したのですが、来店された方はほぼ全員が買い物をして帰られます。目的を持ったお客様しか来店されてないということ
ですね。大したショップです。

さて、こちらの採用の返事がなかなか来なくて胃が痛くなっていたのですが、5月10日に採用との連絡を受け社員全員で大喜びの
祝杯をあげました。㈱ペニーソラ京都さんの言う「一点突破」について理解はしていたのだがやはり怖さが先に来ていた時期でも
あります。
オーソリティさんとは販売日に向け最終打合せをしたのが5月26日でした。こちらの様子は「ザ・プレゼン」にて披露したいと思います。

京都ホテルオークラ様とオーソリティ様への採用でこれだけの力仕事になっていたので、「全国のホテルオークラ様にお願いに行く」は
大丈夫だろうか・・・、精神的にもつのだろうかとかなりの不安がありました。㈱ペニーソラ京都の安田社長は涼しい顔をして動いている
のでちょっと考えられないな・・と少しだけ(笑)感心していた。

この時期を思い出すだけでかなり疲れてきましたのでこの辺で失礼させてください。

水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 





  

Posted by (株)丹後岩木ファーム at 13:01Comments(2)水魚乃交ストーリー

2017年12月05日

水魚乃交誕生秘話パート9



水魚乃交ファンの皆さま、こんにちわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきどうもありがとうございます。
今朝の丹後は雪景色・・、本当に寒い。皆さまにおかれましては、
お風邪などで体調をくずされませんようお気をつけください。

本日のトップ画像は東京のオーソリティカレッタ汐留店です。こちらは電通ビルの地階にあり、富裕層が美味しいお酒を求めて来店
されています。

以前小売店の選択も㈱ペニーソラ京都さんに丸投げとのご報告は致しましたが、彼らはこの店舗を選んでいた。「日本一を目指す」
を合言葉にに議論していましたが、それなら小売店第一号は東京だろうということになったらしい。そして東京でのリサーチを繰り返し
ていたとのこと・・。今から考えるとピンポイントでの販路を尽く成功している㈱ペニーソラ京都さんはやはり信頼できるコンサルタントだと
思う。この販路について、この手法はペニーソラさんにしか出来ないとも感じています。しかしあまり褒めると安田くんが調子に乗るので
この辺にしとったります(笑)。

さて、こちらの店舗には1月の終わりからペニーソラさんが根回しをしていた。時期を思い出すと、京都ホテルオークラさんへの
プレゼンと同時進行だったのです。安田社長はいつもの涼しい顔で仕事をこなしていましたが、かなりの力仕事だったことでしょう。

そして遂にその日が、昨年の2月22日、花の都・大東京へ行くのであった(笑)。しかしこの時に化粧箱が間に合わずイメージ図だけを
持参・・、実はこの化粧箱もペニーソラさんのこだわりがありデザイン会社をいじめてる最中だったのだ(笑)。この模様は「ザ・プレゼン」
でご披露したいと思いますのでご期待ください。
以下の画像がこだわりの化粧箱ですよ。



それでは本日はこの辺で失礼致します。

魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 





  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 11:09Comments(4)水魚乃交ストーリー

2017年11月27日

水魚乃交誕生秘話パート8



水魚乃交ファンの皆さま、こんにちわ。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をお愉しみいただきどうもありがとうございます。

本日のトップ画像は、ど~んと・・、「オークラアクトシティホテル浜松
」様です。(https://www.act-okura.co.jp/
浜松駅から徒歩5分の便利な立地であり、こちらも本当に素晴らしいホテルです。こちらでは企画課長様、料飲課長様、そして現場マネージャー様に大変お世話になっております。
詳しくはプレゼンに参った時の様子、題して「ザ・プレゼン」にてご紹介したいと思います。

さて、前回の続きです。今日はNO6で「2月より販売場所の再リサーチとアタック、ボトルと販促品の校正に入る」です。
この恐れていたプレゼンまであ少し・・、昨年のこの時期を思い出すと、思い出すと、思い出せない(笑)。またふざけていると叱ら
れますね。失礼を致しました。


この頃になるとデビューに向けての議論が本格化して行きます。
㈱ペニーソラ京都の安田社長は元々がホテルマン、しかも京都ホテルオークラの前身である京都ホテルの出身です。彼は「こういった
商品は現場の皆さんが飲んで美味いと思って貰えないと彼らは売らない。だから飲料担当課長から入り現場の皆さんへの試飲会
までロードマップを作るべきとぬかしていた(笑)、いや言っていた。安田社長は旧知の仲である企画課長に電話を入れ、その旨を
話したようだ。企画課長は「それじゃ料飲部課長を紹介することに
しよう」と言われたらしい。結果、窓口は料飲部の飲料担当課長に
なったようだ。
安田社長は試飲会に繋げることが出来るよう何度も足を運び、ようやく開催することが出来たのが3月初旬であった。

それでは今日はこの辺で失礼を致します。次回はその試飲会の様子をお知らせしたいと思います。

最後の画像は京都ホテルオークラさんに導入を決めていただいた後、水魚乃交を何方よりも早く一番最初に飲もうとテスト販売初日の
4月1日にメインバーのチッペンデールさんへ出向いた時のものです(笑)。この日もぎょうさん飲みました(大笑)。



水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 
  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 11:03Comments(2)水魚乃交ストーリー