京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ


2018年04月22日

ザ・プレゼンパート12 ホテルオークラ新潟様




水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像はホテルオークラ新潟様の
http://www.okura-niigata.co.jp/
バーエジンバラのエントランスです。
http://admin.kyo2.jp/admin/entry

ホテルオークラ新潟様には㈱ペニーソラ京都の安田社長が単独でお邪魔しています。最初は世間話程度と言っていたが、いやいや先方は管理本部長様や料飲部長様、和食マネージャー様とお越しになり熱いお話しになったようだ。

㈱ペニーソラ京都の安田社長は初めての上越新幹線に乗り嬉しげに訪問していたのだそうだ(笑)。

以下は安田くんから貰った文章を貼り付けておきます。

当日は東京駅に着くと上越新幹線に乗り換え新潟へ。
ホテル到着は12時でした。やはりこちらでもチヤーシュー入り汁そばを食べなくてはと桃花林さんへ。安心の汁そばでした。何処で食べても同じ味で感動しました。
そしてお約束の14時に1階ロビーで待っていると管理本部長様がお出迎えと恐縮しきりでした。管理本部長様のご案内で役員室へ。少しビビッている私です。ご案内された部屋で待機していると料飲部長様と和食マネージャー様がお越しになりお三方への説明が始まりました。一通りのご説明をしたあとやはりこちらでも試飲をしていただきました。お味は満足していただきたが、やはりオークラ新潟様としては「京都の米焼酎を売る理由がない」ような雰囲気・・。しかしこれは想定内であり当然のお言葉です。それから「〇の〇〇〇〇〇」としてと提案した。すると料飲部長様が反応してくださり後日メールでのやり取りをお約束して下さった。本当にありがたいお言葉でした。


安田くんの文章からもかなりの苦戦が感じ取れますね。その後料飲部長様とのやり取りからバーエジンバラ様での販売を決めて下さったと大喜びで報告してくれた安田くん・・、少しだけ見直した一瞬です(笑)。

それでは甚だ簡単ではございますが本日もこの辺で失礼を致します。


水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 




  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年04月20日

水魚乃交誕生秘話パート39



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像もホテルオークラ新潟様です。
http://www.okura-niigata.co.jp/

こちらの料飲部長様には大変お世話になっております。

さて、㈱ペニーソラ京都の安田社長は料飲部長様と連絡を繰り返しついに訪問日を決めてしまいます。この間の事実関係については「墓場まで持って行きます」と意味不明なことをぬかしますので一切聞いておりません。
安田くんは「当方とお会いしてくださるだけでも感謝しないとあきません。よろしくお願いします。」と言いながら、また「5月22日に訪問する」と言っていた。そうなんです・・、つくば様、東京ベイ様、そして新潟様へと立て続けに訪問していたのです。

新潟様については東京ベイ様同様、安田くんが商品説明とお願いに行きました。
その結果はかなり厳しいものでした。やはり新潟は米どころ・・、京都丹後米こしひかりで出来た米焼酎を売る理由がない。普通に考えたら当然の結果です。

しか~し、安田くんは暗い顔をしないで前を向いていました。「その自信は何なんだ」と突っ込みを入れると、「自信なんぞありまっかいな!」とは安田くん。また何ぞ裏から手を回したのか(笑)。あまり裏から手を回すと、後ろに手が回りますが(笑)←意味不明。

その後ホテルオークラ新潟様の料飲部長様と多くのやり取りをしていた安田くん。この様子については後日ザ・プレゼンのカテゴリーでお知らせいたいと思います。
そして何とかバーでの採用という奇跡が生まれたのだ。この奇跡はひとえに料飲部長様の大きな決断だと信じています。この場をお借りして御礼を申し上げたいと思います。

「〇〇部長様、その節は本当にありがとうございました。感謝申し上げます!」

ということで新潟様での採用が決まったことをお伝えしこの辺で失礼を致します。

水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 





  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)水魚乃交ストーリー

2018年04月18日

水魚乃交誕生秘話パート38



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像はホテルオークラ新潟様です。
http://www.okura-niigata.co.jp/

こちらのホテル様には「よくぞ採用してくださった」と感謝の言葉しかありません。

㈱ペニーソラ京都の安田社長はこちらへの訪問が一番力仕事になるだろうと当初から言っていました。その意味は「新潟は日本一の米どころ」であることだ。オークラ新潟様にしてみたら京都のコシヒカリで造ったというこのお酒を使う理由がないのだ。当然ながらホテルの顧客様やローターリー、ライオンズクラブには酒蔵の社長様が多くいるだろうと。安田くんは酒蔵の数を事前に調べていたというが、調べれば調べるほどハードルが高くなって行ったらしい。

さて、安田くんが先方と連絡を取り出したのは、つくば様、東京ベイ様とほぼ同時期でした。こちらの次にハウステンボス様へのプレゼンとなるので、この頃は水魚乃交の営業に全エネルギーを使ってくれていたように思います。普通では出来ない、あっ、安田くんは普通ではないので(笑)例外ですが、考えられないペースで進行していたのだ。

また若干安田くんを褒めてしまいそうになったので、また気分が悪くならないようにこの辺で失礼を致します(笑)。


水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)水魚乃交ストーリー

2018年04月16日

水魚乃交の飲み方パート2



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像は京都ホテルオークラ様の
http://okura.kyotohotel.co.jp/
オリジナルカクテルである「ライジングサン」です。こちらは2階にありますバー チッペンデール様で飲めますよ。
http://okura.kyotohotel.co.jp/restaurant/chippendale/

京都ホテルオークラ様は水魚乃交を最初に採用してくれた恩人ですが、こちらマネージャーが考案してくれたのがこの「ライジングサン」です。水魚乃交も認知度が上がり最近ではこのカクテルを指定してくれる顧客様も増えているのだとか。ありがたいことです。

さて、水魚乃交の飲み方について、株ペニーソラ京都の安田社長は「スノースタイルにしてロックで飲む」が一番だと言っていました。この塩は天然塩でないと駄目らしい。安田くん曰く「これで飲んだらつまみがいらないし塩分の取り過ぎで病気になるから気をつけてください」と言っていた。昨年の4月に入院した彼の口からその言葉を聞くと現実味があります(笑)。

私は個人的に原酒のお湯割りも好きですよ。ブーケはこれが一番愉しめます。今年のような極寒だと本当に身体が温まりええあんびゃになった(笑)。


このタイトル「水魚乃交飲み方」シリーズについては、私のような素人考えではなくて、全国のオークラ様のプロ集団に、フォローへ行った時にヒアリングの重点課題としてお伺いして参ります。またその結果についれはご報告しますね。


水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)飲み方

2018年04月14日

水魚乃交の飲み方パート1



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像はホテルオークラ東京様内、
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/
バーハイランダー様で
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/restaurant/bar_highlander/
本年の1月と2月にご提供していただいたカクテル「水月」です。

今日は水魚乃交の飲み方について議論をして、いや、ご提案をしたいと思います。

私が一番好きな飲み方は、やはり原酒のロックです。小ぶりなロックグラスにアイスピックで作った丸ぁるい氷を一つ入れて少量の原酒を入れる。そして氷が溶け出して直ぐに飲む・・、これがいっちゃん美味ゃですわな(一番美味しい)。

しかしプロの意見は鋭い。

原酒を冷凍庫に入れガンガンに冷やしストレートでという意見、また25度は冷蔵庫に入れ冷やしこれまたストレートで飲むというもの。どちらも氷で溶けた水分を否定しています。米のスピリッツで売り出したこのお酒はプロの手によって進化しています。

本日のトップ画像でご紹介したカクテルは本当に美味しかった。1月中旬に新たに採用をしていただいたグランドニッコー東京台場様へお打ち合わせに行ったのですが、その帰りにホテルオークラ東京様へこのカクテルを飲みに行きました。こちらはマティーニのようなヘビーなカクテルですが、ジンの代わりに水魚乃交を使用、そしてフレンチベルモットとゆずピールで仕上げています。流石のオークラ東京様です。美味しくて3杯もいただきええあんびゃになりました(笑)。

それでは本日もこの辺で失礼を致します。


水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 

  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)飲み方

2018年04月12日

水魚乃交誕生秘話パート37



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像もホテルオークラ東京ベイ様ですね。
http://www.okuratokyobay.net/
こちらもホテルエントランスから豪華な雰囲気が漂い、中に入ればオークラスマイルで迎えてくれますよ。こういうのが私にはええあんびゃになります(笑)。


さて、ホテルオークラ東京ベイ様へ世間話に行った㈱ペニーソラ京都の安田社長もホテル内の雰囲気がええあんびゃだったと報告を受けました。安田くんは「企画課支配人様とお会いしてお話しをして来ました。結果についてはテストマーケティングをしていただけるので現物を送付ください。」とのことでした。
安田くんは以前から「東京ベイ様とハウステンボス様はリゾートホテルとしての営業なのでシティホテルのようなアプローチではだめです。」と言っていた。やはりテストマーケティングをしていただきお客様からの評価を得ることが大事だということ。

私は早速先方に拝みながら(笑)現物を包装し、ヤマト運輸に手渡す時にも同じく手を合わせながらお送りしたことが懐かしく思い出されます。

安田くんは「テストマーケティングの間は静かにして朗報を待ちましょう。」とぬかしていたのですが、私は心の中で「その言葉をそのまま返す」と呟くのであった。安田くんがじっとしてくれという意味であります(笑)。


それでは本日もこの辺で失礼を致します。


魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 


  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)水魚乃交ストーリー

2018年04月10日

水魚乃交誕生秘話パート36



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップ画像はホテルオークラ東京ベイ様です。
http://www.okuratokyobay.net/

さて、オークラフロンティアホテルつくば様で採用が決まりましたが、この時に平行して動いていたのがホテルオークラ東京ベイ様とホテルオークラ新潟様であったとは以前にお知らせしました。

㈱ペニーソラ京都の安田社長はこの時に、これまた同時に「日本一と言われる何処か」へのあたりもつけようと隠密に動いていたという。ん?日本一と言われる何処かとな・・・。何のこっちゃ・・。あっ、意味が分かった。私の夢である「東京オリンピックでのおもてなしの一品に」を実現させるための戦略だ。本当にこの集団たちはえりゃもんです(笑)。こちらについてはまた後日のご報告に致します。


安田くんは、ホテルオークラ東京ベイ様と5月上旬よりコンタクトを取っていたそうだ。こちらへの繋ぎについて・・、どの様な手段を使ったのかは私にも教えてくらません。大人物にお願いしたのか、或いはホテル時代の先輩(HBA顧問の〇〇さん)、いや、独自での開拓なのか・・。こちらについては安田くんを水魚乃交で酔わせて白状させる所存でございますので今しばらくお待ちください(笑)。

ホテルオークラ東京ベイ様については企画課支配人様が窓口になったようです。安田くんは彼と数度の打ち合わせをした後、5月16日に世間話(安田くんの専売特許ですね)をしに行くことになりました。前日の15日にはオークラつくば様に行きましたので、連ちゃんの仕事であった。

それでは本日はこの辺で失礼を致します。


水魚乃交ファンの皆さま、引続きよろしくお願い致します。


尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 
  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)水魚乃交ストーリー

2018年04月08日

ザ・プレゼンパート11 オークラフロンティアホテルつくば様②



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のトップはオークラフロンティアホテルつくば様、
https://www.okura-tsukuba.co.jp/内の
和食堂「筑波嶺」様です。
https://www.okura-tsukuba.co.jp/restaurant/

HPを見るとこちらは3月31日で閉店されたようですね。そして新店舗ができるようです。

♦以下はオークラフロンティアホテルつくば様HPより


『日本料理「筑波嶺」閉店のお知らせ

平素は日本料理「筑波嶺」をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

この度は、平成30年3月31日(土)をもちまして閉店させていただく運びとなりました。

昭和58年の開店より長きに渡りご愛顧賜りましたことを心より厚く御礼申し上げます。

新店舗オープン(テナント)のお知らせ

5月1日(火)より『つくば山水亭 オークラ店』が本館2階に新たにオープンいたします。
引き続きご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。
https://www.okura-tsukuba.co.jp/img/res_sansui_bana.jpg?20180216172451


さて、前回の続きです。

料飲部長様のご案内で最上階のスカイバンケットへ到着。そちらには料飲部次長様、レストランサービス課長様、宴会サービス課長様、チーフソムリエ様、和食マネージャー様、管理課副主任(購買)様等7名お待ちになられていました。

先ずバンケットバーで試飲をしていただきます。そして㈱ペニーソラ京都の安田社長から商品説明を軽くしたあと私のプレゼンとなりました。安田くんはまたしても私にプレゼンの機会を押し付けた格好でした(笑)。
その後皆さまからはテイストについてはOKとのお返事をいただきホッとする私。安田くんが言うように「現場の皆さまが美味しいと思われないと売れない」というのを実感している今日この頃です(笑)。
正式に採用のお言葉をいただき皆さまには見えないように大きくガッツポーズをする私。そして最後に購買担当者様との仕入れについてお打ち合わせをしました。

全てが終わり、皆さまにお礼を申し上げオークラフロンティアホテルつくば様をあとにするのであった・・。


それでは本日はこの辺で失礼を致します。


水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 

  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)水魚乃交ストーリー

2018年04月06日

ザ・プレゼンパート11 オークラフロンティアホテルつくば様①



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像はオークラフロンティアホテルつくば様の
https://www.okura-tsukuba.co.jp/
レストラン、中国料理「桃花林」です。
https://www.okura-tsukuba.co.jp/restaurant/tohkalin/

さて、㈱ペニーソラ京都の安田社長と八条口で9時に待ち合わせ、9時18分の新幹線で東京へ、そしてつくばエキスプレスでつくばまで参りました。私は京丹後市役所時代(農業を憂い早期退職をしている)に商工観光部長をしていたこともありつくばには何度か足を運んでいました。秋葉原で乗り換えをしようと歩いていると後ろから「よう道を知っとんなりますわな」とは安田くん。その声を無視して歩いていると、足の長さが違うのか直ぐに追いつかれ再び「よう乗り換えを知っとんなりますわな」とアゲイン(笑)。私はその説明をするのが面倒なので「勘だ!」と一言。安田くんは疑う様子もなく「そうですきゃ」と(笑)。やはり安田くんは悩みのない幸せな奴なんだなぁと再確認していました。

そしてホテルには13時に到着。安田くんは当然のように桃花林さんに入って行きます。そしていつものものをオーダーしていた。私もオークラ様のチャーシューの薄切り汁そばにはまってしまっていてこの頃から楽しみになっていました(笑)。
そして食事をしながらプレゼンについてのミーティングをした後14時25分にフロント前まで行きました。
料飲部長様は既にフロント前ロビーにアテンドされていて、安田くんとにこやかにご挨拶をされていました。そして安田くんから紹介された料飲部長様、やはり流石のオークラマンです。素晴らしい笑顔で対応してくださった。本当にホテルオークラ様は凄いと感心していたことを思い出します。

料飲部長様のご案内で最上階のプレゼン会場へ。


前半でしょうもないことばかり書いていたら文字数が大幅に超えてしまいましたのでこの続きは次回にさせてくださいませ。


水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 

  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)ザ・プレゼン

2018年04月04日

水魚乃交誕生秘話パート35



水魚乃交ファンの皆さま、おはようございます。㈱丹後岩木ファームの岡田です。平素は水魚乃交をご愛顧いただきありがとうございます。
本日のトップ画像は昨年の5月の下旬に入ったころ、田植えをしていますね。

さて、前回の続きです。
㈱ペニーソラ京都の安田社長はオークラフロンティアホテルつくば様の料飲部長様とプレゼンの日程についてメールでやり取りをしていたのがちょうどこの田植えのころでした。

ある日のこと、田んぼに入り田植えの作業をしていたらファスナー付きの胸ポケットからけたたましい音で携帯が鳴りました。こんな間の悪い時に電話してくるのは安田くんしかいないと思っていたらやはり安田くんでした(笑)。

彼は「オークラつくば様とのプレゼンの日程が6月8日になりましたので何があっても同行してください」と言ってこちらの返答も聞かずに電話を切ってしまった。まったく困った奴です(笑)。ちょうど重要な予定の無い日にちだから良かったようなものの・・、今度会う時にはきつく叱ってやろうと心に誓っていたことを思い出します(笑)。


オークラフロンティアホテルつくば様へのプレゼンは6月8日の14時半に決まり、その準備に追われる・・ことはありません(笑)。資料作りは安田くんの仕事です(大笑)。


水魚乃交ファンの皆さん、引続きよろしくお願い致します。

尚、水魚乃交は「プレミアムオンラインショップ」でお買い求めいただけます。
http://members.suigyo-m.com

また水魚乃交の詳しい情報は以下からご覧いただけますので是非ともご訪問くださいませ。
http://suigyo-m.com/ 



  


Posted by (株)丹後岩木ファーム at 06:00Comments(0)水魚乃交ストーリー